2010年08月30日

2010KBCオーガスタ

久しぶりにテレビでトーナメントを見たのでブログでも書いてみようかと、

谷原選手の2年ぶりの優勝、おめでとうございます。

若手とベテランに押されて30代がパッとしないと言われる日本ゴルフ界でちょっと変化をもたらせてくれれば面白いですね。

本人のコメント通り、ある程度ツアーで経験を重ねると若い頃はイケイケゴーゴーで攻めのゴルフを展開していても徐々に守りに入ってしまうものです。普通のゴルファーでもそうですね。
初心者の頃は恐れ知らずでプレー出来ますが、ある程度上手くなってくるとOBを怖がったり1打を大事にし過ぎて2打3打と損をしてしまうことしきりです。

でも、今回の優勝も少し尻窄まりで優勝争いをしていた選手は全員、上がりの3ホールでスコアを伸ばせていません。
特に上位二人はバタバタでちょっと残念ですね。

スコア的にはビックスコア続出で高レベルのような気もしますがただコースが簡単なだけでしょう。グリーンも高麗でツアーでは今ではここしか無いのですがもっと高麗らしく重くして芽を強くしても良かったのではないでしょうか?距離も表示の割に短いような気がしました。特にロングホールはセカンド地点から前が開けていて2オンしやすくなっています。前半の9番などはティーグラウンドを少し前にしてパー4でも良かったのではないでしょうか?ラフも天気のせいか少し弱かったのでしょうか?それならもう少し伸ばしても良かったですね。みんなラフからでもドンドン、グリーンを狙ってましたからね。

これでは日本ツアーのレベルも上がらないでしょうね。

ますます、若手の頑張りに期待するしか無い状況になっていきます。石川遼選手や池田勇太選手、薗田峻輔選手などは日本のツアーから飛び出してUSPGAで何年かチャレンジしてみると面白いんですけどね。
もっと他の選手もUSPGAで試合に出て日本のツアーに足りないものを見つけて還元してくれればいいのではないでしょうか?

もうJGTOのお歴々に任せていては日本ツアーの世界的レベルは落ちていくばかりでは無いでしょうか?


人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 12:55 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ミケルソン奇跡のゴルフ!タイガー奇跡のポテンシャル!?

大変長らくお待たせいたしました。←待ってない?

充電期間を終了して戻ってきました。(ナンもしてません)

少しづつゴルフのことを書いていきたいと思います。

なんだか何も書いてないのにアクセスがあってうれしい限りです。ありがとうございます。


ではでは、今の時期はやはりコレしかない!!

2010年メジャー開幕戦!!マスターズトーナメント!!!!!

今大会の目玉は復帰第一戦のT.ウッズ、日本勢は去年招待出場の石川遼がなんと言っても注目の的ですね。個人的には池田勇太なんですがテレビではあまり取り上げていませんでしたね(-_-;)
ありえん!日本人で唯一、予選を通過したのにちっ(怒った顔)

で、まあ予選落ちした石川の方が大きく取り上げられたりなんかして、泣いちゃったりしてますますおばさんの母性本能をくすぐる結果になってしまいました。

まあね、ちょっと苦手意識というか気負い過ぎというかナカナカ簡単にはいかないでしょうね。今年は年初からあまり調子も良くないですしね。
最後の方は切れ気味?いや切れていましたね。気持ちがね。インタビューでも言っていましたが今まで出来ていた強気のパットが出来なくなってしまいましたね。いい経験になったんではないでしょうか?
今後の糧になるでしょう。こんな経験は世界メジャーでしか味わえないでしょうからね。悔しい思いが成長を加速させることでしょうからね。

果てさて池田勇太選手ですが素晴らしいプレーを見せてくれましたね。
特に初日は前半こそ1オーバーだったものの13、15、16と連続バーディーを奪って一気に2アンダーまで伸ばしてフィニッシュしました。
さすがに2日目は、マスターズの罠にハマってしまい10番ではバンカーが一発で出せずにダボ、14番では3オン4パットのトリプルボギーとなってしまいました。
所々パターのタッチが合わないところがありましたがそれは経験しかないでしょうね。イキナリ来て対応出来る方がおかしいでしょうからね。
また来年に期待しましょう。
三日目はなかなか渋いゴルフをみせてパープレー、最終日はやはりアウトで1つ落としたもののインでスコアを伸ばしtoday1アンダー、トータル2オーバーで29位と初出場にしてはまずまずの好成績なんではないでしょうか?
まだまだ先のある選手ですので今後が楽しみですね。

さて優勝争いですがなんと言ってもフィル・ミケルソンでしょうね。まあ優勝したのはそうなんですが、三日目の13・14・15のイーグル×2、バーディーと3ホールで5アンダーと一気に首位に躍り出ました。最終日には少し失速するのではないか?と思いましたがチャンスを確実に生かしスーパープレーを繰り出して後続を振り払いました。
まさにマスターズの勝者にふさわしいスーパープレーの数々で世界のレベルの高さを改めて知らしめてくれました。
さらに復帰のタイガー・ウッズも調子はボロボロなのに4位タイまで食い込むポテンシャルの高さにはビックリです。
所々スーパーショットを見せるものの全体的にはバランスが悪く打ち急ぎが目立ちましたね。余裕が無いように見えました。実践慣れしてないせいでしょう。イキナリのマスターズでは本領を発揮出来ませんでした。

まあ試合を重ねれば勝利数も重ねるでしょう。

最後はミケルソンの独走になってしまいましたが内容が濃い見ごたえのあるトーナメントになりました。
目の肥やしにもなりましたがちょっとレベルが違いすぎるな〜〜(^_^;)



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 20:46 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

今更タイガー

シーズンオフということもあるせいか最近めっきり噂を聞かなくなったタイガーウッズですが、個人的に言わせて貰えればそんなに驚くほどのことも無いな〜って感じですね。
昔から「英雄、色を好む」と言われる様に男にせよ、女にせよ、英雄と呼ばれるような部類の人はソッチの方は超人的に盛んのではないかと昔から思っています。
特にスポーツ選手などは体力勝負です。プレーに向ける体力プラスαがあるくらいじゃーないと活躍することは難しいでしょう。また体力だけではなく精神面でも、貪欲な上昇志向とか新しいものを開発していく開拓心とか、好奇心とかが人並み外れて強くなくては常人の及ばない領域には突入することは出来ないでしょう。
性に対する興味や行動力などもそれに比例するのではないでしょうか?本能の一つですからね。本能が強く発揮されるのも英雄には大事な要素の一つでしょう。
海外の学者の描いた本でトップアスリート、プロスポーツ選手などは性欲が強く性犯罪者と紙一重というか本能がむき出しになるのは避けがたいといったようなのを見たことがあります。まあその本に関してはやや懐疑的な部分もあるんですが、トップアスリート、プロスポーツ選手そのような素養があるのは間違えないでしょう。

今回の騒ぎもその行為自体の問題よりも夫婦関係やウッズの逃げる様がつつかれている原因でしょう。交通事故を起こした原因がそれだということが面白おかしく騒がれてしまったのではないでしょうか?

聖人君子全とした今までのウッズのイメージと乖離している点もやや批判的な視線を向けられる原因のひとつだと思いますが、もてない人のやっかみも有るのではないかと勘ぐってしまいます。まあ正直モテナイ自分もうらやましいというかけしからんと思う気持ちも多少あります。そこまで頑張れる気も能力も無いんですけどね(^_^;)

なんにしても早々にほとぼりが醒めてウッズのゴルフに悪影響が出ずに更なる高みのプレーを見せて欲しい所です。
一応、頭丸めるとかそれなりに謝罪みたいのパフォーマンスが必要になるでしょうね。

もうちょっと上手くやれなかったもんかね?



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:59 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

MVP

日本男子ゴルフ界も最終戦を終えて賞金王には今後誰も抜くことが出来ないのではないかと思われる最年少記録を石川遼選手が打ち立てました。
各部門別ランクも03年の伊沢利光の8部門を上回る史上最多の9部門を制覇しました。

まあ、実際に数字に出た部門は良いとして少々?大変?疑問が残るMVPを含めているところがなんとも言えませんね。
意図的に9冠になるようにしくまれたとしか考えられません。
先のK‐1しかりボクシングしかり判定が規定通りにはならずにその場で急遽ルール変更してしまうのは如何なものでしょうか?

会長の一声でルール変更!特例でOK!って特にスポーツではナシでしょ???
ジャイアンじゃないんだからさ(-_-;)いい加減にせーよ!
ファンや選手をなめるのもいい加減にしろ!

こんなんでミソのつく石川も目の前で横取りされた池田もどちらもかわいそうでしょ?まあ本人達はそんなに思い入れも無いんでしょうけどね。でも池田からしてみれば賞金の100万円は惜しいでしょうね。

いくら現制度の採点方式がおかしいって言っても決まっていることでしょ?あんたらが決めて施行していることでしょ?ちゃんと手順を踏んでからでないとね。
ルールやマナーを守りましょ〜って言ってるJGTOが、ルールを守らないんじゃー、ギャラリーのマナーを云々言う資格は無いでしょ?言う資格があってもらわないと困るんだからさー。
本当にガッカリです。
力のある選手はさっさと世界に出て行った方がいいでしょうね。
石川、池田の両選手なら世界でも活躍出来るでしょう。ウッズもあんなんだし日本代表としてUSPGAでどこまで行けるか?勿論、優勝争いをして活躍する所が見てみたいものです。

いつまでも現JGTOにツアーを任せているようでは日本プロゴルフ界も先は無いでしょうね。
純粋にスポーツファンとして思います。
別に石川遼選手が9冠とって悪いってことではないんですよ。個人的には池田勇太寄りではありますけどね。今回の件に関してはJGTOの対応に著しく憤りを感じます。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 22:10 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

人のボールを持っていかないで!

遼くん あわやボール持ち去り被害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000038-spn-golf

またまた出ました!ってすし石垣選手も2006年の日本プロ選手権の時に持ってかれました(-_-;)
初日の10番ホールで事件は起きました。前半のハーフは可も無く不可も無く1バーディー1ボギーでしたが乗り切れず悶々として迎えた後半スタートのロングホール。(通常の谷汲カントリークラブでは1番となっています)
ここはぜひともバーディーが欲しいホールです。ところがすしくん2打目を右にすっぽかして崖下へ・・・、行ってみたもののボールが見つからない!慌てて探しているとあるギャラリーの方が「あいつが持ってったよ!」と犯人のおじさん?を指しました。んでどこにあったそこにあっただののすったもんだの末、競技委員立会いの元で落ちていたであろう位置が管理道路の側溝の中だったのでピックアップして打てる位置(OBスレスレで1mくらいしか幅が無い)にドロップ。
一打でグリーンサイドまで戻して来たものの寄らず入らずのボギーとなってしまいました。

まあギャラリーが云々しなくてもボギーだった可能性は高いのですがビックリはしましたね。しかもそのショックか否かパーパーと凌いだ後、パー3でまさか入ることは無いだろうと思われていた池に入れて打ち直しも横長グリーン左端のピンに対して右端に乗せて3パットの6!これで初日は沈没って感じでしたね。最後までドタバタでした。次の日は開き直って?67って感じだったので非常に残念な状況でした。

まあそれはいいとしてギャラリーがボールを触るもしくは持っていくってのはそこそこあるんじゃないかな〜、なんて思ったりもします。ルールやマナーを知らない人なら持って行ってもおかしくないですからね。
知っていても遼君のボールはかわいいキャラクター(遼君ですが)が印刷されているので持って行きたいと思う人は山程いると思います。
まあ実際に持っていくのは論外なんですけどね。

もうちょっと常識的な判断が出来るといいんですけどね。ルールとかマナー以前の問題だと思います。モラルとか状況判断かな〜?考えれば分かりそうなものですけどね。モラルハザードが低ければ見つからなければいいか?と思う人もいるでしょう。そんな人にはゴルフファンになって欲しくないものですね。
今回の人は分かってなかっただけみたいですけど・・・。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 17:46 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする