2007年03月18日

2007F1世界選手権第1戦オーストラリアGP・決勝

オーストラリアGP - 決勝 フェラーリのライコネンが優勝! アロンソ2位、琢磨12位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000012-fliv-moto

2007年のF1開幕戦はフェラーリのキミ・ライコネンがポールトゥーウィンを決めました!
2位にはしっかり前年度の王者フェルナンド・アロンソが上手さと速さを見せましたね。3位にはなんと!アロンソのチームメイトである新人のルイス・ハミルトンが入りました。思ったよりも信頼性の高い車に仕上がっているマクラーレンと新人のハミルトンにびっくりですね。
期待の佐藤琢磨はレースでの速さがイマイチでしたね。スターティンググリットから2つ順位を落として12位でフィニッシュしています。デビットソンはレースディスタンスではまだまだ琢磨には敵わないのか?スタートのミス?トラブル?もあり結局16位となりました。
まあ予想通りの展開でしたね。特に大きな出来事はルーキーが3位に入ったくらいのことでしょうか?

次のマレーシアでマシンの信頼性が見えますね。



↓早く次が見たいですね!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 16:40 | 鳥取 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007F1GP開幕!!

【F1】F1開幕戦、K.ライッコネンがポール! 佐藤琢磨は10番手!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000101-ism-spo

ついに今年もF1グランプリが始まりました。
一応、シリーズチャンピオンの予想をしておくとキミ・ライコネンです。琢磨は入賞2回で3ポイントくらい獲得するかな?なんて思っています。チームメイトのアンソニー・デービッドソンが6ポイントくらい獲得するのかも?な〜んて思っています。
まあ早速予選ではライコネンがポールポジションを獲得して琢磨くんもスーパーアグリではベストとなる10位のグリットを確保しました。フリー走行を見るとやはりデービットソンの方が速そうですしね。本当は琢磨くんに頑張って欲しいのですがなかなかどうして思ったようには行かないものです。
前年度の王者アロンソはマクラーレンの信頼性にちょっと問題が残るかな?と思っていますが予選はさすがにしっかりと2位に食い込んでいますね。チームメイトの新人ルイス・ハミルトンも4位に入っていますのでやはり車が速いんでしょうね。
フェラーリのマッサが16位に沈んでいるのは意外でしたが決勝レースになれば上位に進出して来るでしょうね。
ホンダもフェラーリ、ルノー、マクラーレンの3強プラス1に食い込んでくるのかと思いきや今年も初戦は思ったように車が出来ていないのかも知れません。
今年はBMWが良いようです。未完の大器と目されているニック・ハイドフェルドが今年は大暴れしてくれるのでしょうか?
いずれにせよ決勝レースが楽しみです!!



↓今年もF1見ますよ〜、書きますよ〜!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 08:04 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ホンダF-1アースカラー

【F1】Honda、地球をイメージした新マシンカラーリング発表!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000103-ism-spo

だいぶ遅れましたが・・・(^_^;)ホンダF1の新カラーリングが発表されましたね。
環境保護をうたっていますが果たしてF1マシーンでのこの提唱は?一般の自家用車などの何倍もの排気ガス(CO2)を排出しているのにも関わらずその提唱は矛盾しているのではないでしょうか?

Honda“アースカー”批判を楽しむ批評家
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000001-fliv-moto

叩かれ甲斐があるカラーリングだと思われます。まあそんな話題になって環境問題に興味を持ってくれる人が増えれば良い話なのでしょうが、斜めに見れば賛否両論話題作りってことも考えられます。
個人的には画像を見た瞬間はGoogl Earthの宣伝広告なのか?と思ったんですけどね。RA107自体の戦闘力に疑問符がうたれるなかで期待された成績が収められなければそこに非難が集まるかもしれませんね。毎年期待が大きいだけにそろそろ勝利を手にしないとファンも納得しないでしょう。フェラーリとルノーの二強に割り込む期待のチームですからね。


↓そろそろF-1開幕ですね!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 13:06 | 鳥取 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

2006F1世界選手権第18戦ブラジルGP・決勝

日本シリーズでの中日敗戦のショックとそれによる放送時間の遅れでビデオもセットする事無く寝てしまいました。
まあ殆んどポイント争いは終わっていましたからね、コンストラクターズが残っていましたが、予想としてはシューマッハ二戦連続リタイヤもしくはトップ争い無しで終わりかと思っていました。
予想としてはまあ大体当たっていましたが、シューマッハは思ったよりも頑張りましたね!さすがは現代F1史上最高のドライバーだけのことはありますね。速さは抜群のものを見せてくれたようです。

なんでシューマッハ不遇の予想だったかと言うとM.シューマッハは予選が10番手だった為に普通の走りはしないでしょう。最後のレースで優勝して終わりたいと思うはずです。ただ今のフェラーリは速さは抜群ですが幾分信頼性に欠ける所があります。また10番手と一番混雑する順位です。ブラジルの第一コーナーはスターティンググリットから距離が比較的長くやや緩やかで次のコーナーの状況からスピードに乗って抜けたい作りになっているのでクラッシュしやすいのです。シューマッハが切れた突っ込みで行けばクラッシュすることは必然でしょう。予選を4位以内くらいで通過していれば十中八九優勝するだろうと思っていたんですがさすがにこの位置では状況が状況だけに落ち着いてレースを組み立てることは難しいでしょう。またそんなシューマッハだから面白いんですけどね。
まんまと予想通りでしたがちょっと最後に来てツキがなかったようです。今後の目標が無い引退が決まった選手には勝利の女神は振り向かなかったのかも知れません。

まあ来年に向けて面白いレースだったかもしれませんね!
フェラーリのフェリペ・マッサは二位アロンソを寄せ付けない速さを見せてPole to Winを飾りましたし来年からフェラーリに乗るキミ・ライッコネンもあの曲がりの悪いマクラレン・メルセデスを駆使して上手くレースをまとめて来ました。
第14戦のトルコGPから参戦のロバート・クビサも堅く9位で完走しています。参戦2戦目のイタリアGPでは3位の表彰台にも上がっていますからね。来年からも注目選手でしょう。

でもなんと言ってもスーパーアグリの佐藤琢磨選手がなんと10位に入りました!予選もトップとのタイム差がスーパーアグリの二台ともに3秒以内と今シーズン最高の走りを見せてくれていました。レース中のファーステストラップも山本左近がファーステストトップのシューマッハと1.217秒しか離れていない6位、琢磨がシューマッハと1.239落ちの9位ととても参戦前のすったもんだからは考えられない進歩です。来年もこの調子で入賞!表彰台なんて事も・・・?
まあ表彰台は難しいとしても入賞くらいはしてくれることでしょう。

アロンソの2年連続ドライバーズタイトルを奪取しましたね。なんだかあんまり日本では盛り上がってない?人気薄かな?まあ自分もあまり好きではないですけどね。地元のスペインではスポーツ選手No.1の大人気みたいですけどね。
来年はマクラーレンでどんなパフォーマンスを見せてくれるか?どんな毒舌?を吐いてくれるかが楽しみですね。ただ他のレーサーの人格そのものを否定するような発言はそろそろ勘弁して欲しい所です。


↓最近更新していなかったから?探すのが大変です。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 19:24 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

2006F1世界選手権第17戦日本GP・決勝

スタートは特に混乱も無くアロンソが一つ順位を上げました。
2週目の終わりにはシューマッハがマッサを抜かしてトップに立ちました。
マッサはガソリンが少なかったのでしょうか?早めのピットインでしたがピットアウト後のポジションが悪かったですね、周回遅れなどにつかまってペースが上げられませんでした。その隙にアロンソがピットイン、タッチの差でアロンソはマッサの前に出てシューマッハの後ろに付けるポジションに滑り込みました。
シューマッハは後ろに十分のマージンを付けてピットイン!ガソリンをたっぷり入れてトップでコースに復帰します。
アロンソがベストラップを叩き出してシューマッハに迫るかと思われましたがシューマッハも好タイムでラップを重ねアロンソに後ろを見せません。
まあ中盤から特に大きな動きは無くシューマッハが楽勝でアロンソ2位の展開でラップを進めていきました。
2回目のピットストップも両マシンとも順調にこなして周回を重ねるだけだなーなんてちょっとボケーっと見ていたんですが・・・、事件です!
なんとシューマッハにマシントラブル!!まさかのエンジンブローでレースを終えてしまいました。

アロンソは危なげなくトップをキープして何事も無くチェッカーフラッグを受けました。

アロンソの喜びようは凄かったですね。まあまず勝ちは無いとあきらめムードが一転して一気に優勝と共にドライバーズタイトルに片手をかけることになったんですからね。
もしシューマッハが先着していれば最終戦は、アロンソが優勝したとしてもシューマッハが3位まで落ちなくてはチャンピオンにはなれないという厳しい条件での最終戦になる所でしたからね。それがシューマッハがリタイアという想像もしていない展開で最終戦ではシューが優勝したとしてもアロンソは入賞すれば良いだけとなり圧倒的に優位になりましたからね。

ちょっと寂しい結果となってしまいました。せめてシューマッハが入賞とかしていれば最終戦が本当にガチンコって感じで面白くなったんですけどね。
これでかなり限定された争いとなってしまいました。十中八九はアロンソがシリーズチャンピオンということになってしまいました。
まあまだ判りませんけどね、本当に逆の展開になるかもしれませんからね。

スーパーアグリも奮闘しました。
佐藤琢磨が15位、山本左近が17位と2台揃って完走を果たし琢磨はチームのベストリザルトも記録しました。
亜久里監督も言っていましたが来年の日本グランプリが楽しみですね。
来年からは富士スピードウェイですがどんなんかな〜、鈴鹿は世界屈指の難コースだったんですけどね。富士はちょっとのっぺりした感じで幾分面白味に欠けると言うかなんというか・・・。
決まったことなんでしょうがないんですけどね。



↓ランキングに参加しています!ポチッとよろしく!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 16:13 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006F1世界選手権第17戦日本GP・予選

Yahoo!Formula1:日本GP

今年で最後の鈴鹿となるのでしょうか?20年目で契約切れと共に来年からは富士スピードウェイで行われることになっています。

注目は何と言ってもM.シューマッハとF.アロンソのドライバーズタイトル争いですね!
このレース週間で初のドライコンディションで行われた予選でしたがM.シューマッハはニュータイヤを使って危なげなくラップをこなし1分30秒を切って来ました。素晴らしい走りを見せていたもののチームメイトのF.マッサがそのタイムを上回ってきました。
マッサは速いね〜、更に後ろにはトヨタの2台が食い込んでくるシューマッハには願ってもいない展開!
これでだいぶ本戦が楽になりますね。タイヤもおいしい状態でとってあるしこれはシューマッハが逆転のチャンピオンに輝くステップになるかも???

スーパーアグリは相変わらずだね〜、もうちょっと上げてくるかな?と思っていたんですがトップとの差は大きいですね。もうちょっと縮まらないものでしょうか?
今更ですがドライバーの力不足も大きいかな?


↓ランキングに参加しています!ポチッとよろしく!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:32 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

2006F1世界選手権第16戦中国GP・決勝

Yahoo!Formula1:中国GP 決勝

予選ではアロンソがトップでした。雨の降る中、BSのタイヤが上手く機能しませんでした。予選の上位はミシュラン勢が独占しました。
BS勢ではフェラーリのシューマッハが6位に食い込むのがやっとでした。
本戦はウェットからドライコンデションで行われる模様でしたので勝ち負けは判らないと思っていましたが・・・。まあ、コースが上海ですからね!抜き所も一杯あるしトラブルの起こりやすいストップ&ゴーのコースですからすんなりは行かないだろうと予想はしていました。

スタートはコンデションがウェットだったので落ち着いたスタートでした。雨は落ちていませんでしたので路面が乾いて来るとシューマッハがスタート6番手から猛プッシュして9週目には前を行くホンダのフィジケラを抜かして着々と前を狙っていました。
トップ争いはアロンソが独走、二番手を走るルノーのJ.フィジケラが後ろから迫るマクラーレンのK.ライコネンを抑えようとしていましたが12週目に抜かれてしまいました。
更にM.シューマッハは4番手を走るJ.バトンをオーバーテイク!ペースがイマイチ上がらないフィジケラに迫ります。ライコネンがピットストップしている間に3番手にポジションを上げていつものプッシュ!タイム差を確実に縮めていきます。
その間にトップも狙える位置にいたライコネンがストップしてしまいました。そんなこんなしている間にシューマッハはフィジケラのすぐ後ろに追いつきましたが先にピットストップで給油のみの作戦でタイヤ交換は一回のみのつもりかなのか?
シューマッハがピットストップした次の周にはアロンソがストップ、順位はこの間にフィジケラとアロンソの順位が一瞬入れ替わります。
フィジケラのピットストップで順位が更に入れ替わるかと期待しましたが変わり無し!

期待の新人ザウバーのロバート・クビサが序盤素晴らしい走りを見せていましたが攻め過ぎ?調子に乗り過ぎ?でコースアウトしまくってちょっと勢いを落としていました。

25週目辺りからアロンソが大きくタイムを落としてきたおかげで後ろが詰まってアロンソ、フィジケラ、シューマッハの3台がテールtoノーズで並びました。
低速ギアがダメになったのか?ブレーキの効きが甘いのか?甘くしているのか?判りませんでしたがフィジケラがアロンソの前に出てシューマッハとアロンソの直接対決になりましたがすぐにシューマッハが前に出ました。
アロンソはトラブルを抱えて厳しい情況な上にタイヤ交換が上手く行かずに10秒ほどのタイムをロスしてしまいました。なんとか上位でレースを終えたいのについていませんね。

終盤に入ってアロンソがタイムを戻して来てフィジケラの前に出ました。
トップはシューマッハ、2番手にアロンソ、3番手にフィジケラが付けてレースは終盤に突入していきました。
そんな中、雨が降ってきてドンドン強くなってきました。雨の影響も大きくならないうちにシューマッハがトップでチェッカーを受けてアロンソはその後ろでゴールしました。

これで二人のポイント差は無し!実に面白くなってきました。若手も伸びて来ていますし今年限りで皇帝シューマッハは居なくなってしまいますが来年からも楽しみです。


↓ランキングに参加しています!ポチッとよろしく!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:47 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

2006F1世界選手権第15戦イタリアGP・決勝

Yahoo!Formula1:イタリアGP 決勝

今回はレース後にシューマッハの今後に関する会見が開かれると言うことでレースだけでない話題で持ちきりだったんですがレース自体もそんな話題に負けず劣らず面白いものになりました。
フェラーリの地元であるモンツァですからね絶対に勝ちたいレースだったと思います。そんな中でライコネンがポールポジションでシューマッハは2位と十分優勝は狙えるポジションで予選を終えていました。シリーズチャンピオンを争うルノーのアロンソは予選中にマッサの走行を妨害したとして降格処分を受けて10番手スタートとなりました。シューマッハにとっては願ってもいないチャンスが訪れました。一台抜かしてアロンソよりも上位でゴールすれば1レースで逆転出来るポイント圏内にまで迫ることが出来ます。
しかもレースは予想以上にシューマッハに風が吹きました。
トップのマクラーレンのライコネン、シューマッハ共に2ストップ作戦で先にピットインしたライコネン!シューマッハは前がいなくなった2周で猛アタックをかけて更に素早いピットストップでライコネンの前に出る!
その後は前を譲る事無くシューマッハらしい走りを見せて地元での優勝を手にしました。

アロンソは、2回目のピットストップで3位まで順位を上げてポイントを堅守するのかと思われましたが残り10周の所でまさかのエンジンブロー!!フェラーリ、シューマッハには思ってもいないラッキーでポイント差を一気に2ポイント差まで詰めることに成功しました。


レース後の会見では大方の予想通りにシューマッハの引退が発表されました。すでにフェラーリのドライバーにライコネンが就任との話がありましたのでシューマッハが辞めないのであればマッサが押し出される形になるのでは無いか?とも思われましたがそんな事も無く話はすっきり決まりました。もしかしたら他のチームに移籍するのではないか?なんてことも考えていたのですが今のところそれは無いみたいですね。
これだけの大物ドライバーが引退となるとちょっと寂しい気もしますが事故等での走行不能による引退といった形でなくて良かったかな?とも思いました。
今回のレースで勝利を挙げ最後のシーズンにシリーズチャンピオンの望みを残す辺りはさすが怪物?皇帝?ですね!そんなに好きなドライバーでもないんですがやはり一時代を作った素晴らしいドライバーですからね。敬意を評して残り3戦、応援させて貰いたいと思っています。


↓ランキングポイントも上位を狙っています!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:57 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(3) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

2006F1世界選手権第13戦ハンガリーGP・決勝

Yahoo!Formula1:ハンガリーGP 決勝

ホンダがオールホンダで優勝したのは39年ぶりな〜んていう久しぶりの優勝を飾りましたね!
琢磨がインタビューであの車に乗っていればよかった!なんて冗談を言っていたのが痛々しかったですね(^_^;)

今回は予選から波乱含みで良く見ていなかった自分は何がなんだか分かりませんでした。K.ライッコネンが二戦連続でポールポージションを取って今度こそ優勝なのかな?な〜んて思っていたらリタイアしちゃって一時トップを走っていたアロンソも順調に走っていたと思ったらドライタイヤにピットアウトしたらなんか挙動がおかしい(~o~)どうもタイヤ交換時にトラブルになった模様でリタイアしてしまいました。
そこで一躍チャンスがめぐって来たフェラーリのシューマッハは2番手を走行中でこのままゴール出来れば一気に8ポイント差を詰めて3ポイント差と今後のレースで先着することが出来れば一気に逆転も可能なポイント差になります。
そこでシューマッハはプッシュするものの路面が乾いて来てドライコンデションになってきました。残り15〜7周程で他のドライバーはどんどんドライタイヤに変えていく中でシューマッハはタイヤ交換せずにそのまま走行を重ねていたもののやはりタイヤに無理がたたり残り4周の地点でプッシュしてきていたデ・ラ・ロサに抜かれてしまいその時に曲がりきれずにシケインを乗り上げてしまう!
そのときのダメージかどうかは分からないがスローダウン!なんとか一周してピットインしてそのまま9位でリタイアしてしまう。完走扱いだったのがせめてもの救いか?7位でゴールしていたクビカが車検違反で除外となったためにシューマッハが8位になり1ポイントを奪取!たった1ポイントではあるがこれがシリーズチャンピオン争いに大きく左右してくるかもしれません、またこのポイントで勝負が決するような争いになった方が面白いですよね。

で結局はバトンが優勝!ホンダの39年ぶり云々となるんですね〜。

今回のレースは雨から晴れへと変わるコンディションで予選もいろいろあったので面白くはありましたが分かりづらかったのではないのでしょうか?予選の方式も分かりづらいですよね。昔みたいなみんなで走ってドンって感じの方が判り易くていいんではないかな?と思っています。

スーパーアグリの琢磨くんがSA‐06で初完走を飾りました。なんとかですね、かなりのトラブルの中でとりあえず完走といった感じのようです。
まあ走行データーを多く重ねて早くマシンパフォーマンスを十分に発揮して欲しいですね。


↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 22:59 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

2006F1世界選手権第12戦ドイツGP・決勝

Yahoo!Formula1:ドイツGP 決勝

ここまでアメリカ・フランスと2連勝でドライバーズポイントでトップを走るF.アロンソに急激に迫っているM.シューマッハが予選で2番手につけて3番手にはチームメイトのF.マッサが入って後ろを押さえる体制を作り万全です。
アロンソは予選が揮わず7番手で厳しいポジションでした。
ポールポジションはというとK.ライコネンが奪取しました!去年もここでポールでしたが去年は相対的にいってマクラーレンは強かったですからね。今年はここに来て上げて来たのかな?と思いましたが予選の1アタックに賭けた作戦だったみたいですね。本戦は3ストップ作戦で最初のピットストップでフェラーリに抜かれて以来、3位に留まってしまいました。
フェラーリは2ストップ作戦でしかも毎回ピット作業は抜群に早いですね!レースラップも速かったですし今のフェラーリは強いですね!
トップが確定してからは軽くクルージングで楽勝でしたね。

アロンソは結果、5位で4ポイント。シューマッハとの差が6ポイント詰まって11ポイント差となりました。
これで面白くなってきましたね!どちらが勝ってもおかしくない状況です。

フェラーリが勝ってブリヂストンタイヤが100勝を飾りました。まあ来年からは1メイクになるので全勝ですけどね・・・。

スーパーアグリは二台ともリタイヤという寂しい結果に、せっかくSA06を投入したのですが(~_~;)
まあ新車はこんなもんでしょうか?いきなり完走して好位につけることは難しいでしょう。でもポテンシャルの一端は見せてくれました。
予選もちょっと怪しげでしたがMF1トヨタに割って入りましたしレースではオーバーテイクも見せてくれました。
今後に期待でしょうか?
ちょっと苦言をいくらどんな状況であれF1初参戦の山本左近に負ける琢磨っていったい?微妙に力に不安を感じてしまいます。


↓ポチっとよろしく!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 20:28 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

2006F1世界選手権第11戦フランスGP・決勝

Yahoo!Formula1:フランスGP 決勝

F1グランプリも後半戦に入ります。ここに来てフェラーリが猛追ですね!アメリカGPに続いてM.シューマッハが勝利を飾りました。
序盤の劣勢からは考えられない逆転劇です。タイヤとシャーシのバランスが格段に上がっているようです。
コーナーでの挙動が安定してコーナリングスピードが上がっているように感じます。シューマッハのハードなコーナリングに耐え得るタイヤの開発に成功したのでしょう。基本的な性能がアップしているのでしょうが、事実フェラーリと同様にブリヂストンタイヤを履いているトヨタがついに3位に食い込んで来ました。
もともとマシンパワーはあると思っていましたがちょっとバランスが悪かったので上位争いは難しいと思っていましたがタイヤが変わっただけでここまで来るとはね〜!ここまで余程タイヤに差があったのでしょうか?
追いつ追われつの状況でしょうがね、2,3戦後にはまた入れ替わっているかもしれません。

次のドイツGPではついにスーパーアグリの新車導入ですね!このフランスGPで最後のSA05の勇姿を見せてくれるのかと思いましたが琢磨は決勝レースを一周もできずにリタイアしてしまいました。
替わりに?モンタニーが最下位ながら完走してくれました。彼もこのレースでセカンドドライバーから脱落してサードドライバーに格下げとなりますので他チームに売り込むにもいいパフォーマンスだったのではないでしょうか?
このドライバー交代劇には疑問符がつきますがチームの主旨でもある純日本と思えば仕方が無いのかもしれませんね。
昔はフェラーリなどでも見られたことですからね。次のチームでは頑張って欲しいものです。
くだんのSA06は果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?同様に山本左近もね!


↓ブログもいいパフォーマンスを見せて行きたいですね!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:41 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

2006F1世界選手権第10戦アメリカGP・予選

Yahoo!Formula1:アメリカGP 公式予選

M.シューマッハがサンマリノGP以来のポールポジションを奪取しました。二位にはこれまたフェラーリのF.マッサが入りフェラーリが最前列を独占しました。
フロントローにはルノーのG.フィジケラとHondaのR.バリチェロというなぜか両セカンドドライバーがファーストドライバーの前を行きます。
現在、絶好調!4連勝中のF.アロンソはトップのシューマッハから1.617秒差で5位のポジションにつけています。
まあこのコースは比較的抜きやすいのでマシンに力さえあれば十分オーバーテイクすることが出来ます。

ただ今回の予選を見るとちょっとフェラーリ速そうですね!
インタビューなどを見るとタイヤとのマッチングが良いようです。日々、日進月歩で技術革新するF1の技術の高さには脱帽ですね。
スーパーアグリもニューマシン投入がドイツGPに決まったようで大きく躍進することは難しいも知れませんが最下位は脱出して欲しいものです。
でも今回は琢磨が予選タイム18位になりました。ちょっと状況を見ると微妙な感じもしますが何はともあれ少しでも上位でスタート出来るのは上位を狙うチャンスですので少しでも上位でフィニッシュして欲しいところです。


↓決勝に期待です!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 13:13 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

2006F1世界選手権第9戦カナダGP・決勝

Yahoo!Formula1:カナダGP 決勝

アロンソが4連勝しちゃいました。
シューマッハは何とか二位になりましたがトップには追いつけないですね。予選からルノーのアロンソは磐石ですね。
シューマッハも良く二位に食い込んだものです。ライコネンに前をとられたかと思いましたが何とかライコネンのミスに助けられて前に出ることが出来ました。
タイム的には十分トップに立てるだけのものはありましたが予選で大半決まっていましたね、レース展開も結果的には良かったかもしれませんがトップにも紙一重のポジションでしたね。
勿論、ライコネンにもチャンスがありましたがミスが多すぎましたね。ピットワークしかりオーバーランしかりです。
これで一段とアロンソの独走態勢が確立して他に追随を許さない状況になりました。
本当に残る楽しみはスーパーアグリのSA06が投入されて万年最下位を脱出する事だけになってきました。


↓他のF1ブログは面白いですよ〜!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 22:54 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

2006F1世界選手権第8戦イギリスGP・決勝

Yahoo!Formula1:イギリスGP 決勝

モナコに続いてここシルバーストーンでもアロンソがポールを取りそのままPole to Winなんかしちゃいました。
誰もトップを脅かすこともなく難なく勝たせてしまいましたね。
シューマッハもタイム的には劣らなかったもののスターティングポジションと戦略の差でしょうか?確かにアロンソの走りも若くして円熟味満点でしたね。
シルバーストンは比較的抜きどころのあるサーキットですが、シューマッハは序盤でライコネンを抜けなかったのが敗因の一つでしょうか?もし序盤で二番手に上がっていればいい勝負が出来たかもしれません。
結局シューマッハはピットストップを利用してライコネンを抜いただけで終わってしまいました。
な〜んかこのままアロンソがシリーズチャンピオンを取ってしまいそうですね。
今回の優勝で3連勝!今年はもう8戦中5勝、二位が3回と完璧なレース運びでポイントトップの座を独走してシューマッハの追い上げを嘲るようにポイントを重ねています。
この地点でシューマッハくらいしか追いつきそうもありませんが、レースを見ているとその希望も薄そうです。
後は、スーパーアグリが少しでも上位を取れるかどうかくらいしか楽しみは無いのかもしれませんね。
そのスーパーアグリは琢磨とモンタニーがそろって完走しました。まだまだ最下位固定ですが、今のところ完走してデータを蓄積するだけですね。


↓ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:54 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(2) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

2006F1世界選手権第7戦モナコGP・決勝

Yahoo!Formula1:モナコGP 決勝
シューマッハの予選タイム剥奪のによりアロンソがトップスタートとなりそのまま危なげなくトップでフィニッシュ!!
優勝争いが期待されライコネンとウェーバーはリタイアしてしまいましたが、ここまで苦戦していたRBRフェラーリのクルサードが3位に入りましたね!ちょっとベテランのテクニックを見せてくれました。
フェラーリのシューマッハも最後尾のピットスタートから脅威の追い上げで5位にまで順位を上げてフィニッシュしました。ファステストラップもマークして速さを見せましたね!あんなことをしなければ十分優勝を狙えたのに、これがシリーズチャンピオン争いに大きく影を落とすことにならなければいいのですが・・・。

スーパーアグリはフランク・モンターニ16位で完走しました。佐藤琢磨はマシントラブルでリタイアとなってしまいました。
まあ、もうちょっと頑張ってニューマシンの投入に期待でしょうね!


↓ブログでポールポジション!!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:27 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

2006F1世界選手権第7戦モナコGP・予選

Yahoo!Formula1:モナコGP 公式予選

初日のフリー走行ではパッとしなかったフェラーリですが、さすがの皇帝シューマッハがポールポジションをゲットしました。
二位にはアロンソがしっかり入ってます。
予選から荒れ模様でクラッシュ、コースアウトで思った様に走れなかった選手も多かったようです。
さすがにトップの二人はそんな混乱の中でもしっかり結果を出してきましたね!

さて日本が誇る佐藤琢磨選手ですが、フリー走行などではチームメイトのフランク・モンタニーに後塵を排していましたが、公式予選ではなんとか0.226秒上回りファーストドライバーの面目を守りました。

F‐1唯一の公道サーキットで毎回激しいクラッシュやレース展開を見せてくれるので今回も楽しみですね!モナコマイスターのシューマッハがセナの記録に並ぶか?アロンソが逆転するか?それともまったく別の選手がトップに躍り出るのか?基本的にはポールシッターがそのままトップを守り抜く確立が高いのですが、何が起こるかわからない!ここはモナコモンテカルロ!!
面白いレースを見せて欲しいものですね!!!!


↓ブログも最速を目指して???
人気blogランキングへ

ポール剥奪!?
posted by taiga_k2 at 10:53 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

2006F1世界選手権第6戦スペインGP・決勝

Yahoo!Formula1:スペインGP 決勝結果

今回は見てません!テレビはついていましたが寝ていました。フォーメーションラップまでは微かに記憶があるのですがスタートもピットストップもゴールもこれっぽちも記憶にございません!!
で、結果を見ると予選でポールポジションを取った地元のF.アロンソが優勝してましたね。フェラーリのシューマッハが二位で比較的順当な結果です。
この二人のマッチレースだったようですが、今回はルノーの方が車が速かったようです。セッティングの差か?タイヤの差か?シャーシの性能差か?エンジンの差か?いずれかは見ていませんし情報が不足しているので判りませんがどちらにしても接戦のようです。どちらかにサプライズが無ければこの状態で最後まで行くのでしょうが、そこはF1ですからね〜!何かが起こることを期待して次戦のモナコGPを待ちましょう。
モナコは何かが起こるサーキットですからね〜、どのチームでも最後まで走り抜ける事ができれば何かが起こる!一年間で一番?面白いのではないでしょうか?実に楽しみです。

佐藤琢磨選手が久しぶりに完走を果たしました。大分、他のチームとのタイム差が少なくなってきましたね。このデータが次の車に生かされて戦えるようになれば面白いのですが・・・。今年中にポイント圏内くらいを走ることが出来れば素晴らしいですね。


↓ブログランキングを確認!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 13:07 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(4) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

2006F1世界選手権第5戦ヨーロッパGP・決勝

ついにフェラーリのシューマッハが二連勝を飾りましたね!

Yahoo!Formula1:ヨーロッパGP 決勝結果

皇帝復活でしょうか?チームメイトのF.マッサも初の表彰台となる3位になりました。フェラーリの戦闘力が格段に上がったのでしょうね!?
ウィングの問題がちょっとあるようですがこれもフェラーリの政治力でねじ伏せたようですので問題ないでしょう。
ただ去年シリーズチャンピオンに輝いた新皇帝のF.アロンソがしっかり2位に食い込んでいます。どこだかの予想では再びシューマッハがチャンピオンに返り咲くとの話ですが、アロンソがまだ優位なことは変わらないでしょう。これからのルノーのマシンの伸びしろとフェラーリの戦闘力の関係がシビアに結果に反映してくるでしょう。チーム戦略やドライバーのテクニックもありますね。
いずれにせよ厳しい争いになることは必死ですね!!面白くなりそうです。

スーパーアグリの二台は予選も不運が続いた上、本戦でもリタイアとなってしまいました。ドライバーも井出がFIAからの勧告で交代となってちょっと全体的に上手く行っていないようです。
まあ、参戦一年目ですので仕方ないかもしれませんね!ただ井出を擁護する意見に一年目でテストも不十分だから仕方ないというのはおかしいと思われます。元々スーパーライセンスが発行される事自体が問題なのでわ?と思います。力が伴わない者にライセンスを発行することは最近のF1では事故で死ぬことは少ないとはいえまったく危険性が無いわけではありません。多少なりとも危険性があるので安全にF1を運転できるだけの力のあるものにだけ許可をだすのが本当かと自分は考えています。


↓ブログランキングはライセンス不要でよかったわ〜(^。^)
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:51 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

2006F1世界選手権第4戦サンマリノGP・決勝

Yahoo!Formula1:サンマリノGP 決勝結果

久しぶりにM.シューマッハが優勝しました!
スタートからトップを譲らずルノーのピットタイミングの前後にも助けられて最後までトップのまま逃げ切りました。
最初のピットアウト後からペースが落ちたもののサーキットの特性を最大限に生かしてアロンソを押さえ込みました。実際の速さはルノーの方が上だったと思われますがレースではフェラーリの方が上でしたね。ピットのタイミングしかり作業しかり、全盛期のフェラーリを見たようでした。マシンの戦闘力はまだ不安な所もありますが、十分に勝ち負けできるレベルまで来ているということでしょう。マッサもいい走りで4位に食い込んでいます。
アロンソは序盤戦で1位2位1位2位としっかりポイントを稼いで確実に連続となるシリーズチャンピオンに向けて進んでいますが、まだまだ逆転は可能です。上位のチームがルノーを脅かして混戦になれば更に面白くなりますね!!

スーパーアグリはあまり喜ばしくない初の二台リタイアとなってしまいました。
佐藤琢磨はマシントラブルで仕方ないとして井出有治はファーストラップにやってしまいましたね。MF1のアルバースに突っ込んでリタイアさせてしまいました。自身もサスペンションのトラブルでリタイアとなりましたがあの突っ込みはちょっと禍根を残しそうです。技術的に未熟だと見られても仕方ないかもしれません。
これからのレースにプラスになるようならいいのですが・・・。


↓ブログでポールポジション!!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 15:28 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(20) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

2006F1世界選手権第4戦サンマリノGP・予選

Yahoo!Formula1:サンマリノGP 公式予選

フェラーリのM.シューマッハが歴代最多となる66回目のポ−ルポジションを奪取しました。フェラーリの地元ですので大いに盛り上がったことでしょう。
フェラーリは最近元気が無く特にシューマッハはセカンドドライバーのマッサにその位置を取って代わられるのではないか?とまで噂されていました。ここに来て皇帝の健在ぶりを見せ付けましたね。
ただ今回のポールポジションの記録は今は亡きA.セナが保持していた記録ですので少し複雑な気分です。セナの記録記録が一つづつトップから消えていくことによって存在感が薄くなっていくようで悲しい。

さてレースに話を戻すと二位三位にHONDAのバトンとバリチェロが入っています。この位置に二台とも来たという事はマシン自体に力があるということです。去年の事件以来ちょっとトップグループから後塵をはいしていた感がありましたがこの前戦のオーストラリアGPではバトンがポールポジションを取っています。本戦では結果が思ったよりも出ていませんがそろそろHONDAが表彰台のトップに立つ日も来るかもしれません。
ルノーのアロンソも5位に付けて虎視眈々とトップを狙っています。

スーパーアグリは、定位置のドベ1ドベ2に座っています。区間最高速は佐藤琢磨選手が22台中16位を記録しているのでやはりマシンのコーナーリング性能でしょうね。エンジンはさすがにHONDA製なのでいいと思われます。トップとのタイム差が初戦からなかなか縮まらないのが余計にチーム力の差を感じてしまいますね。
井出選手はどうでしょうか?もう少しガンバって貰わないとドライバー交代になりそうな噂もあります。もうちょっとタイム差を縮めてこないと厳しいでしょうね。初のF1ですので仕方の無いところもあるでしょうが頑張って欲しいものです。

このままフェラーリのシューマッハが逃げ切るか?HONDAの二台のどちらかが逆転するか?それともアロンソ?マクラーレンやTOYOTAも上位を狙っていますので目が離せない決勝レースになりそうです。


↓ブログはF1が熱い!?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:10 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(15) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする