2008年12月16日

豊田でサッカー見た

昨日、トヨタスタジアムでトヨタカップを見てきました。
ガンバ大阪vsアデレードです。
正直なところ最近のJリーグはあまり見ていないので選手の名前と顔が一致しません。遠藤くらいしか分からないですね、明神も知ってますけど・・・。
久しぶりに高校時代の友人と会って一緒に行きました。電車で行ったんですが到着して飯を食っていたら出遅れて試合開始に間に合いませんでした。ゲートが遠いね〜、トヨタカップもトヨタスタジアムもホームページが不親切でスタジアムの席の位置関係が前以って調べることが出来ませんでしたからね。一番安い席でS5ゲートとかって遠いは上がりにくい階段を上がらされるはで大変でした。
今度行く機会があったらもうちょっといい席で見たいですね〜、せめて中段とかでね。
試合自体はガンバが勝ってよかったね〜って感じです。結構、アデレードに決定機を与えてなんとかシュートミスやナイスセーブで点数を与えず、少ないチャンスを遠藤が活かして1点先制。前半はガンバも決定的な場面をいくつか作り出しましたが、後半はアデレードがガンバのパスコースを消してボールのつながりを悪くしていました。なんとかガンバが逃げ切ったって感じでイマイチ面白味の少ない試合でした。
アルアハリとパチューカの方が断然いい試合をしていましたね。マンチェスタ・ユナイテッドがどれ程、力を入れてくるのか分かりませんがさすがに厳しいかもしれませんね。日本、アジア代表なんですからせめてこの試合よりもいい試合を見せてもらいたいものです。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:26 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

名古屋国際女子マラソン

先日、行われた名古屋国際女子マラソンは職場の近くを走るので抜け出して見てこようかな〜、なんて思っていたのですがそんなことはとても叶わずテレビで見るのがやっとでした。
大方の注目通り高橋尚子選手を注目していましたが残念ながら早々にトップ争いから脱落してしまいましたね。最後の五輪挑戦になってしまうだろうと思われますので大変残念です。テレビを見ながら「年のせいか?」「調整失敗か?」「やはりトラブルがあったのか?」などと色々考えましたが迷いなく最後まで走り抜く姿勢を見せてくれた高橋選手に多くのことを教わった気がしました。
高橋選手の座右の銘に「何も咲かない日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」とあります。中学か高校のときに恩師から賜った言葉ということなのですがまさに高橋選手のマラソンに対する姿勢はこの言葉を周到しているように思います。自分に置き換えて考えてみると、とてもそんな姿勢でゴルフにも仕事にもすべてにおいてその心構えが薄いのではないかと考えてしまいます。少なからず漠然と感じていながらも日々を怠惰に過ごしている気がしてなりません。
今回のレースでの高橋選手は大きな花を咲かすことが出来ませんでしたが必ずしも目に見える結果だけが大きな花ではないのではないかとも思います。何事にも真剣に取り組むことによってしか得られない達成感があるのではないかと思います。高橋選手はそれを見せてくれたような気がします。レース中の表情やレース後の笑顔には叶わなかった思いだけでない一種の達成感と新たな挑戦に対する遠い目線が見えたような気がします。


↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 09:59 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

清原とイチローの合同自主トレ

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 合同自主トレ 清原とイチロー 2時間の練習楽しむ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000013-maip-spo

先日、オリックスの室内練習場でイチローと清原が一緒に練習したようです。ヤフーニュースなんかでちょっと見かけてはいましたが、あまり大きく取り上げた映像などは見られなかったので残念に思っていました。あの二人ってちょっとミスマッチな感じがするかもしれませんがちょっと似たところがあるかも?なーんて昔から思っていました。
で、今日(2/4日曜)今さっき日テレ系で放送のザ・サンデーでキャンプインした清原がその時の感想を述べていました。そのなかで「(イチローは)意味の無い練習はしない」との発言「ひとつひとつの行動のすべてに意味を持たせている」とのこと!改めてイチローはスゴイ!今更言うほどでも無いかも知れないが凄い!アレだけの高みに到達していて尚、上昇する意識を持って寸分の時間も無駄にせずに練習のすべてに全力で取り組む姿勢は頭をバットで殴られたような衝撃を受けた!!
そりゃーそうだろう今の力を只々維持することですら容易な事ではないだろう更にそこから上を目指すには人の何倍も練習するだけでは足りないだろう。時間を常人の何倍も濃密に過ごす事によってのみ可能になりうることだろう。
そんな姿勢を見習わなくては!と思う。
ゴルフの練習でも同じだ。一球に対する真摯な姿勢があれば50球だって十分練習になるが意味無く打つだけでは500球打とうが1000球打とうがあまり意味は無い。
ゴルフではなくても同じではないだろうか?と思いつつ・・・。



↓ブログも意味の無い記事はな〜い!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 09:16 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

2006K-1Dynamite!

仕事だったので途中まで見て後はビデオを取って置いた。いまやっと見ることができました。
まず、コーナーマットに書かれたパチンコ、CRエヴァ○ゲリオンの宣伝が兎に角目に付きました。宣伝としては抜群?だったのではないでしょうか?

一試合ずつ取り上げようと思ったんですが長くなりそうなので雑感で、
素人対決で目を腐らせた後はまずまずレベルの高い戦いもありましたが元気の引退発表にはビックリさせられました。彼のショーマンシップと強さには今後も期待していたのですが仕方ありませんね。今後の活躍に期待ってことで、未勝利の横綱は相変わらずの弱さでこれもビックリ!魔裟斗はボクシング相手にローキックで圧倒しました。
最後の秋山と桜庭の試合は・・・、疑惑の試合となってしまいました。桜庭選手が負けてしまって残念です。

全体的にはそろそろ飽きてきたかな?と、元気も引退ですしボビーもやはり通用しないことが判明しました。曙に至ってはお話になりませんね。
タレントを起用して話題作りするのもそろそろネタ切れってところでしょう。来年は女子でも開催しますか?アイドルとか?



↓このブログもアイドルにでも出演してもらいますか?ムリです!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 06:44 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

平山はJに都落ち?

今回オランダから帰ってきた平山相太は、国見高から2002、2003年の全国高校サッカー選手権大会に出場し大会史上初の2大会連続の得点王に輝くなどの実績を残し高校卒業後はJリーグに入り怪物ぶりを見せてくれるのかと思いきや筑波大学へ進学。
その時は今後の人生を考えた末の決断かと思いそれもいいだろうと思っていましたが、なぜかわざわざJリーグを蹴ってまで進学した筑波大学を休学して2005年の8月からオランダのヘラクレスに3年契約で入団を決定。この時にはちょっとそれっておかしいんじゃ〜ないのか?なんて思っていたんですが、まあ将来有望な日本人ストライカーだから海外で経験を積むのも日本サッカーのためにはなるんだろうと前向きに捉えていました。
それが今になって練習不足で試合に出場する体制が整っていないなどの理由?(本当の所はわかりませんが・・・)でヘラクレスを首になり日本に帰ってJリーグに入りたいなーんて言っちゃって本当に考えて選んだの?もしかして事前に下交渉があった?なんて思わせる程の速さでFC東京への移籍が決定しました。

インタビューで言ってたんですがオランダ・ヘラクレスでの1年間について「コミュニケーションが取れず、楽しくなかった」って?????
語学は?それって観光?身体が出来ていないのってそれが理由?とクエスチョンが一杯並んじゃうんですけど・・・。
普通、プロってことで仕事でチームに就職するんですからサッカーをする環境を自分から求めて勉強して整えていくべきでしょう。向こうから日本語をしゃべってくれたりパスをくれたりするわけではないでしょう。
確かにサッカーの技術やセンスは抜群のものがあるとは思いますが最低限のコミニュケーションを取るために向こうの言語を勉強してアピールすることが出来なくては世界では戦えませんからね。
それは海外で仕事する場合に限らず日本で同じでしょう。たとえサッカーでなくても同様です。そんな甘い考えで海外へ行ってダメだったから帰って来てJリーグでって簡単に入団させちゃって大丈夫でしょうか?
まあ日本なら言葉も通じるし最初はちやほやしてくれるだろうから大丈夫かもしれませんが、ちょっと考えてしまいますね。

自分は今まで彼を買いかぶっていたのかも知れません。進学時には考えがしっかりしているなーなんて思っていました。ヘラクレスに入団した時には厳しい海外へ出てサッカーを求めるとはいい根性をしているなーなんて思ってたんですが、それがこの顛末ではねー(~_~;)
そこそこ活躍してくれるのでは?なんて思ってはいますがちょっと応援したいと思わせる選手かどうかと考えさせられてしまいます。
まだ若いから仕方無いのかな?とも思いますけどね。

あ〜、そういえば今の感じだとオシムジャパンには呼ばれそうもありませんね。

更に追記するとサッカー選手としてはとても素晴らしい選手だと思っています。しっかり身体を絞って鍛えれば日本を背負って立つストライカーに成長してくれるものと考えています。そうなることを期待はしているんですけどね。


↓ブログの人気も気になります。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:49 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

アガシ時代の終焉

Yahoo!スポーツ - 元王者のアガシ、涙で現役引退

テニスの世界で一時代を築いたアンドレ・アガシ選手が全米テニス選手権の3回戦で敗れて引退となりました。
いろいろな思いがよぎりますがここでは書ききれないほどのプレーの数々を思い起こします。恵まれた体格ではないなかバックハンドから繰り出す強力なショットを武器に長い間攻撃的なテニスを見せてくれていましたがさすがに体力的にも厳しいものがあったでしょう。今大会での引退を表明して2回戦では強豪マルコス・バグダティスをフルセットで退けたものの満身創痍の3回戦には余力は無く寂しく散ってしまいました。

昔の破天荒なファッションスタイルと精力的なプレーに心を躍らされたものです。
ある程度の年齢を経て落ち着きが出て来てからも精度の高いプレーとアグレッシブさがマッチして素晴らしいプレーを見せてくれました。一時、不調の時期もあったもののここまで長い間、優勝に絡む争いを見せてくれたテニスプレイヤーは少ないでしょう。

プレーだけではなく信仰心の厚い哲学的なコメントにウィットに富んだやり取りを見せてくれる唯一のプレイヤーでした。

テニスはあまりしたことはありませんが、見るのは好きでした。そんな中でもアガシは格段に興味をそそられるプレイヤーでしたね。
ボリス・ベッカーとかピート・サンプラス、マイケル・チャンとか個性的で力のある数々のプレイヤーの中でも一番アガシが好きでした。
それらのプレイヤーがどんどん引退していくなか最後まで残って素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたアガシに心から拍手を送りたい気分です。


↓なんかさみしいね〜!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:33 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

世界タイトルマッチだって

ラウンドマスト方式で判定を考え直しました。(8月3日10:37)
再び修正しました(8月3日23:33)


WBA世界ライトフライ級2位の亀田興毅選手が同1位のファン・ランダエタと空位になった世界ライトフライ級のタイトルを賭けて戦いました。
個人的には難しいんですが、日本人として亀田を応援する気持ちもありますが天邪鬼なところでランダエタが勝っても面白いかな?なんて思って見ていました。

1R 終了間際にランダエタの右フックが入って亀田がダウン!ゴングに救われる。
勝手な判定ポイント ランダエタ10−8亀田

2R ランダエタのラウンドになるかと思われたが思ったよりもランダエタが攻めきれない。亀田がペースを引き戻した。 
R9−10K

3R 亀田はワンツーでリズムを作りランダエタは右のジャブで距離を測る。一見激しいパンチの応酬だったが両方とも探り合い?
R10−9K

4R 序盤にランダエタのアッパーが入って亀田のラッシュが止まる。ダメージがある模様、そのまま攻めるがちょっと空回り気味でランダエタに上手くいなされる。ランダエタは決めきれず。
R10−9K

5R 亀田のボディーは効いているようだが、ランダエタのボディーも効いている模様。双方ともにダメージはある。
R9−10K

6R ランダエタがフットワークと多彩なパンチを駆使して亀田攻略を企てる。終盤にランダエタの左フックが決まり亀田の左目が切れる。
R10−9K

7R 亀田のボディー攻撃がここに来て効果を表す。ランダエタは接近してのショートパンチをあきらめミドルレンジでのパンチの刺し合いに転じる。
R9−10K

8R ランダエタはややスタミナ切れか?距離をとってジャブとフックを駆使して回復を図る。亀田が攻め込んで左のボディーが入るがロープを背にしながらロープを使って回避。
R9−10K

9R ランダエタがリズムを変えて弱いゆるいパンチを亀田の顔に打ち込む。亀田がランダエタをロープ際に追い込んで左ボディーを入れて一瞬優位に立つがまたしてもロープを上手く使われて回避。その後も亀田は攻めきれず。
R9−10K

10R ランダエタは完全にポイント稼ぎに入っていて軽いパンチを確実に当ててくる。亀田はボディーを入れてKOを狙いに行くが軽くいなされる。ランダエタは落ち着いてパンチを当てる。印象が良い様に最後は形だけラッシュ。
R10−9K

11R 亀田はカウンターを狙ってランダエタに打たせるが時折ランダエタが力の入ったパンチを打ってくる。中盤にランダエタのワンツーが亀田の顔を捉える。一気にランダエタのペースになる。亀田は必死にクリンチで逃げる。
R10−9K

12R 完全に亀田の勢いは無くランダエタも決めに行きたい所だが確実に一発を喰らわないように行くのでフィニッシュに持ち込めない。最後に亀田がボディーを入れて一矢報いるが、ランダエタは難なくいなす。
R10−9K

判定はなぜか2−1で亀田に????
幾らですか?結局そんなもんですね。亀田は日本でやったらKO負けでも無しなるのかな?
ありえんでしょ?それでいいの?

1ポイントがどっちがどっちとか本気で解説してるのが笑える。
まあね!そんな気はしてたけど大きいお金が動いているからね。仕方ないかな?海外ではもっと明らかな判定のホーム優位があるからね。

自分の判定では、115−112でランダエタの勝ちかな?なるべく公平にやや亀田寄りに見た結果ですのでホーム+プロボクシング協会の協力での亀田の優位性を考えると+3ポイントくらいはありますからね。ちょうど亀田の勝ちって感じでしょうか?

どんなスポーツでもホームとアウェイはありますからね。特にボクシングがその差が顕著に現れるだけですね。

あー、ちょっと危険な発言のオンパレードになりそうなのでここら辺で終了。もう二度と亀田の記事は書くことは無いでしょう。
この試合はボクシングをおとしめる結果にならなければいいのですが・・・。


人気blogランキングへ

追記を読む
posted by taiga_k2 at 22:27 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

露鵬「やりすぎた」?やりすぎだ!!

Yahoo!大相撲 - ニュース - 露鵬出場停止3日 処分重い?軽い?

先日、大相撲でちょっとした?騒ぎがありましたね。
千代大海と露鵬の取り組み後、土俵下で軽く口論の末に双方とも土俵上での礼もせずに土俵をおりた。
これだけでも十分、処分に値する行為だと思うのだが試合後にはカメラマンを殴った上、風呂場のガラスを叩き割る横暴!
これはもう犯罪でしょう?

その処分が、
露鵬:8日目から3日間の出場停止
師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力):減俸10%(3ヶ月)
というものでした。
師匠の処分は監督不行き届きということでこれくらいで妥当かと思われますが、露鵬本人の処分としては少し甘いのでは無いでしょうか?

本来、暴行行為で普通に犯罪行為です。風呂場のガラスも器物破損でしょ?
まあどちらも訴えが無ければ犯罪にはならないのでしょうが、一応相撲って国技なんですからもっと厳粛に行って欲しいものです。
相撲の基本的精神では「礼に始まり礼に終わる」なんじゃーないんでしょうか?
最近は他の取り組みでも礼をしないで土俵を降りることが多々あるようです。

勝敗は勿論大事なんでしょうが基本理念や国技と言うことをしっかり個々の力士が自覚して相撲に取り組むようにして欲しいものです。
露鵬は自分の方から今場所全部出場辞退を申し出るくらいの配慮があっても良かったんではないでしょうか?それも自分の口でメディアの前で発表して当然です。千代大海も自ら何らかの謝罪するなどの行為が見たかったですね。

千代大海は実際に会ったこともありますし応援している力士なのでちょっと残念です。
まあ、相撲って格闘技なんで頭に血が昇ったりすることもあるでしょうがもうちょっとね〜(~_~;)


↓ブログは正々堂々と!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 09:40 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

6億円の名馬?

yahoo!スポーツ - 国内セール史上最高の6億円馬が誕生

実績無しの初年度産駒で0歳馬に6億円の値段がついたそうです。
確かに血統を手繰るといい血統ですね!ダービースタリオンなら良いコメントが貰えそうですが、6億円ってすごいね〜!力あるね〜!!
確かに活躍しなくても種馬として価値が高いかと思われますが、果たして??
父:キングカメハメハの父であるKingmamboは自身も好成績を収めていますが、産駒がまた更にすごい成績を収めています。世界のGTから日本の地方レースまで制覇しています。じいちゃんにあたるMr.Prospectorも更に上をいく名馬であり名種牡馬です。世界が認める名馬です。
母:トゥザヴィクトリーは言わずと知れたサンデーサイレンスの子です。勿論、自身も日本にとどまらず世界でも二着に入っている近年最強牝馬の一頭ですからね。

世界で活躍出来る名馬になると良いですね!活躍出来なくても十分、種牡馬で引く手数多でしょうから安泰かな?


↓ブログの血統は良くないな〜。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:12 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

中田引退!!

中田英寿オフィシャルホームページ

7月3日の夜、ニュース速報で流れてきたこのニュースに一瞬、驚きはしたもののそんな噂は聞いていたし今回のワールドカップの並々ならぬ意気込み方を見ていままでとは違った決意のようなものを感じていたので現実を突きつけられた虚しさと言うか寂しさと言ったなんともいえない複雑な感情を覚えました。

引退は、何をするにしてもいつかは訪れるものです。特にプロスポーツ選手となれば一流の選手であれば自分で引き際を演出することが出来ますが、二流やそれ以下の選手は解雇や年齢による体力の衰えなどで仕方なく辞めざるを得ない状況に追い込まれるものです。

中田選手くらいになれば自分の意思でその時期を決めることが出来るでしょう。
それにしてもちょっと早過ぎるような気がします。まだ29歳ですからね。世界のトッププロは32,3歳で現役最後の輝きを出しているものです。今大会で言えばフランスのジダン(34歳)、ポルトガルのフィーゴ(33歳)、ブラジルのカフー(36歳)などが活躍しています。
まあ実際いままでのサッカー選手だと全盛期としてワールドカップで活躍していた選手は26〜29歳くらいでしたからね。わからないでもないのですが、今の日本にとって存在が大きすぎるのかもしれません。それが良いのか悪いのかが意見の分かれるところでしょうが先発でバリバリ活躍しないにしてもまだまだ後進に伝えるべきものは一杯あったのではないかと思うのです。
そんなことは中田選手個人が考えることなので外野が云々いう問題でもないのですがこれからの日本が世界で戦うためにはまだ必要な選手であることは間違えありません。

今回のワールドカップは惜しくも(惜しくない?)予選リーグ敗退となってしまい結果的には中田の引退がちょっと早まる形になりましたが、中田が言っているように選手個々能力は高かったと思いますが戦術と共に選手の力が発揮されていなかったように感じていました。
そんな状況を打破しようと中田が尽力していたのも今考えれば引退に際して勝ちに対するハングリー精神を他の選手に伝えたかったのだと思いますって書いてますけどね。
ふと思ったんですけど他の選手に内々で引退の意思を伝えていたんでしょうか?あの試合を見ると多分伝えていなかったんでしょうね。
ポリシーというか伝えたくなかったんでしょうが伝えていればちょっと変わった結果になっていたかもしれません。
プロスポーツ選手に向かってかもとか言うなーって感じですね。

自分よりも年下の中田がサッカーで成功を手にしてそれにこだわることなくあっさりと引退して次の人生を目指す、ちょっとうらやましいような妬ましいような複雑な感情もあり色々考えさせられる出来事でした。
nakata7you01.jpg


いきなり話は飛びますが、監督もオシムに変わって次の代表選手が頑張ってくれればいいんですがね〜!
どんなメンバーが選ばれるか楽しみです!!


↓ブログもランクが上がるとうれしいんですがね〜!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 20:18 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

デンジャラスサッカー

Yahooスポーツ2006FIFAワールドカップ - 思わず明かす…川淵会長
ジーコ監督の後は、オシム氏が監督に推されているようです。
あの停滞していたジェフ千葉をトップチームに引き上げた本当に力のある監督です。
コメントなどもウィットに富んで頭の良さを感じさせますね。
90年のW杯イタリア大会ではユーゴスラビアを率いてベスト8まで進出しています。その時はグランパスでも大活躍してJリーグのレベルを引き上げた一人であるストイコビッチが所属していてファンタスティックなサッカーを見せてくれていました。

一貫したサッカー理念がありチームにそれを還元する指導力に長けそれでいて選手の持つ力を如何なく発揮させています。世界的にも評価は高く期待は高まるばかりですね。
唯一不安視されるのは年齢でしょうか?現在65歳の年齢で次期ワールドカップを迎える頃には69歳となります。
Yahooスポーツ2006FIFAワールドカップ - ストイコビッチ氏入閣も
噂ではストイコビッチが入閣するという話もありますのでオシム氏の監督継続が厳しくなったらストイコビッチが監督に昇格?とまで勘ぐってしまいました。

ストイコビッチは思い入れがありますので是非現実して欲しいですね!(監督ではなくオシムジャパン成立で入閣すること)
自分の地元である名古屋のクラブチームであるグランパスエイトで活躍してくれました。もともとその前から世界のサッカー選手の中で一番好きな選手でした。それもイタリア大会で見て知ったのですが、これまた好きな選手であるバッジョに通ずるものがあり見ていて面白いんですよね。
バッジョよりも少し実戦的な感じがいいんです。
名古屋で行われたJリーグのホームでの現役最終戦も見に行きました。その時もまだまだやれるのではないか?と思われるような素晴らしい動きをしていました。得点もPKではありましたが2点挙げてくれて最高の試合を見せてくれたのです。
そんなサッカーを見せてくれる選手は日本にはいないかもしれませんがチームが動けて点が取れるサッカーを作る事が出来る世界でも有数の力を持つオシム監督が実現することを希望しています。


↓監督のチカラって大きいでしょ?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 12:02 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

強いブラジル楽しくサッカー

スポーツナビ | 日本対ブラジル | 2006 FIFAワールカップ

サッカーWカップ日本代表は最後の望みだったブラジル戦は先制点を取って一瞬色めき立ちましたが前半のロスタイムに同点に追いつかれて後半はいいようにやられてしまいました。
結局、4点取られてしまい2点差で勝つどころの騒ぎではなくなっていました。
LIVEでは未定なかったのですが再放送でだいたい見ました。
ボールの支配率は圧倒的にブラジルでしたね。でも玉田のゴールはいい流れで得点出来ていましたね。試合後の玉田のコメントのようにこれでブラジルを本気にさせてしまったのかも知れません。どちらにしても川口のスーパーセーブ連発でしたがそれも後半には追いつかなくなってしまいました。

実際ブラジルに勝つのは大変困難なことですからね。ここまでタレントの揃ったブラジルも近年では無いことですし戦術的にも昔とは違い一貫した戦術で個人の力を発揮できるようなサッカーをしています。
日本は攻めるにしても守るにしても世界レベルでは数段落ちる個人の力を重視して行っています。レベルやメンバーが違うのでなんともいえませんが前回のフラット3などの一貫した戦術を持って戦わなければ世界を相手にすることは難しいでしょう。オーストラリアなどは個々の力は際立って高くないものの統制の取れた動きを基本にして攻めと守りのバランスが良くポジショニングやマーキングなどを一戦ごとに明確にしていました。
日本は個々の力は以前に比べれば数段上がっていたものの戦術はまったくと言っていいほど無くバラバラに動き中田か中村の基点から全体の動きを統制していました。
まあまさに個人の力を最大限に発揮していましたが。
すべてにおいて世界レベルとの差をはっきり見せ付けられてしまいましたね。

今回は済んだ事なので仕方ありませんが次回は世界で戦える体制を取って欲しいものです。選手の力は上がっていくでしょうがチームとしての力を上げるのは個々の選手の力では無理ですからね。


↓日本の技術は世界レベル?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 15:24 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ジーコジャパン撃沈

衝撃の初戦が終わりました。
日本は前半に1点を取って「こりゃ〜、今日は勝ちだ!」な〜んて余裕で見ていたもののチャンスで点を取れないいつものパターンにイライラして見ていましたが、まさかこんな結果になるなんてーーーーー( ;´Д`)
1−2ならまだしも駄目押しの3点目を取られて意気消沈↓せめて最悪、同点でも良いと思っていたのですがそれも叶わず初戦敗退の憂き目を見てしまいました。
でもでも次のクロアチア戦を勝ってブラジルに引き分ければ判りませんよね〜、オーストラリアがクロアチアに負ける事だってありえますし、でも日本がクロアチアに負けることもありえる?いやいやそんな悲観的な予想は無しとしましょう。この際後二戦とも勝って気持ちよく予選リーグ突破と景気良く行きたいもんです。

試合の感想は必要ないですね。「負けた」だけです。中沢がしっかりマークしていればとか高原、柳沢が点を取っておけばとか黄金の中盤がもっと機能すればとか勝ちに行く選手交代をしていればとかは言いません。中田監督に任せるだけです。

次は勝ってくれることを願ってオヤスミナサイ。


↓もー!!寝る(# ゚Д゚)
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:10 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

2006ドイツワールドカップ開幕

ついに始まりました。ドイツワールドカップが日本時間9日深夜に開幕セレモニーを行い10日未明にドイツvsコスタリカ戦で開幕戦を迎えました。
試合早々に堅さが残る中でドイツがコスタリカのディフェンスの隙を突いて先制!このままドイツの圧勝か?とも思われましたがすぐにコスタリカが同点に!!ドイツは守備に不安があるのでは?日本に2点取られたのも日本が強かったわけではなくドイツのディフェンスに問題があるのではないかといぶかしく思って見ていまいしたがまあ当たらずとも遠からずってな感じでしたが攻撃力はまあまあですね。
開幕戦ということで序盤は堅い印象でしたが前半の終わるころには落ち着いた感じで試合は進んでいました。でも後半は寝てしまって見ていません。点数の推移からみて力の差でしょうか?コスタリカの力ほどが良くわかりませんがドイツはこの守備力では優勝は厳しいかも?ですね。
まだまだ判りませんね。いずれにせよ寝不足になりそうな一ヶ月が始まりました。

12日の日本戦が楽しみですね!果たして名将ヒディンク監督率いるオーストラリアがどれほどのものか?またしても奇跡の上位進出を見せるのか?日本がオーストラリアの引き立て役にならないようにしっかり勝って決勝リーグ進出を引き寄せて欲しいですね!

おっとグループAのもう一試合のエクアドルvsポーランドは、南米予選でブラジル、アルゼンチン、パラグアイを破って未知の力を見せるエクアドルが2−0で勝ったようです。この試合はある意味グループAの決勝リーグ進出枠の残り1つを争う対決だったのでエクアドルが勝って大勢が整ったように思われます。順当にドイツとエクアドルが決勝リーグ進出を決めそうです。
今日行われるグループBもイングランドvsパラグアイ、トリニダート・ドバゴvsスウェーデンと面白そうな試合が続きます。
優勝候補の一角であるイングランドと堅守を誇るパラグアイ、出場枠に食い込んできたトリニダード・トバゴと強力攻撃陣を要する古豪スウェーデンどれも面白そうな試合が目白押しです。グループCのアルゼンチンvsコートジボワールも行われます。
ワールドカップに出てくるチームはそれなりに力を持っているのでどの試合も見ごたえがありますね。


↓ブログもワールドカップ一色でしょうか?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 12:19 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

PRIDE無差別級GP2006開幕戦・結果雑感

TVの放映順で・・・、簡単に、
高坂vsハント○
高坂はこのトーナメントに引退をかけていました。とても引退する人の試合ではなかったですね!あのハント相手にあわやという所まで攻め込んで決めきれずに結果負けてしまいました。見ていて泣きそうになってしまいました。高坂、とても35歳には見えない(;_;)って違うか?
○藤田vsトンプソン
いい試合でしたね〜!序盤はトンプソンに圧倒されていましたが、立ち上がって殴り合いになった瞬間、藤田が圧倒して一気に押し込んでいきました。さすが藤田ですね!!強かった!感動した!?
○ミルコvs美濃輪
美濃輪のトリッキーな動きにミルコは冷静に対処して順当に打撃で対応。
美濃輪はなすすべなく敗退!
○ノゲイラvsズール
今回の試合の中で一番の注目はこの人だった!!さすがのノゲイラ、巨体のズールにも何の苦も無く寝技に入り万全の関節で軽くウォーミングアップ?
分かってはいたがあまりの力の差に圧巻!!
○バーネットvsアレキサンダー
予想は外れたが展開は予想通りで序盤はアレキサンダーがやや押し気味?思ったよりバーネットの打撃に対する対応力の高さが目立った。
打ち疲れたアレキサンダーを寝かせて後はバーネットの独壇場!あっという間に肘を決めて終わり。
やっぱりバーネットは強かった!アレキサンダーはまだまだ経験不足か?
アリスターvsファブリシオ○
ダイジェストで放映したのでいまいち分からんが、ファブリシオが間接を決めて勝ったようだ。
○吉田vs西島
打撃になれば西島にもチャンスはあったかもしれないはさすがに吉田がそれは許さない。最初から組みに行って寝技で難なく西島を退けた。
さすがに強い!分かってはいるが果たして藤田とどっちが強いんだろうか?
猪木アリ状態にならなくてよかった(^。^)

亀田兄弟も勝った。特に際立って取り上げる所は無い!?相手弱すぎ(~_~;)


↓ブログも無差別級!?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:05 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

今日は何の日?

こどもの日なのになぜか格闘技の大イベントが満載ですね。

スポーツナビ | 格闘技 | 亀田興毅 世界前哨戦・最終章

スポーツナビ | 格闘技 | PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦

5月5日は「亀田の日」だそうで亀田兄弟が揃って試合をします。兄の興毅は世界戦の前哨戦ということで現王者がサウスポーだということでそれを想定した相手を用意したようです。相手は世界ランク30位ですので順当ならば早々にKOで終わらせたいところでしょう。
弟の大毅はプロ初戦こそ23秒KOでパンチ力を見せたものの二戦目では相手の上手い防御にいなされて判定勝負になってしまいました。その二戦目からわずか二週間で今回の試合を向かえ力を見せ付けたい所です。
KO勝利後は歌のパフォーマンスを行うそうです。
どちらもKO決着で気持ちのいい試合を見たいものです。

PRIDE無差別級グランプリ2006開幕戦もこの日に開催されます。
凄いマッチメイクばかりでどれも注目の一戦となっています。これは見ないといけませんね!特にと挙げるのは難しいのですが高坂vsマーク・ハントなんか面白そうですね!高坂は強いとは思いますが相手はハントですからね〜。いい試合を見せて欲しいところです。
やっぱり日本人なら吉田vs西島ですか?柔道vsボクシングですね!総合ルールでは一日の長で吉田かと思いますが殴り合いになったらやはり西島でしょうね!はてさてどんな展開になるか楽しみです。
ノゲイラvsズールも面白そうです。元王者であるノゲイラが驚異的なテクニックでズールを翻弄するか?海外の総合では実績のあるズールが年末のヒョードル戦で本当の力を出し切れなかったフラストレーションをここで解消することが出来るか?予想のつかない一戦となりそうです。
ジョシュ・バーネットvsエメリヤーエンコ・アレキサンダーも注目ですね〜!
プライドでは実績が少ないもののミルコを苦しめた実績を持つバーネット。パンクラスでの実績はかなりのものです。パンクラス時代はこいつが人類最強と思ったものですがミルコに負けてちょっと評価が落ちているかもしれません。潜在能力は抜群だと思います。
エメリヤーエンコ・アレキサンダーはその名の通り?ヒョードルの実弟でありプライド参戦前はヒョードルを倒すのはこいつしか居ないと騒がれていました。こいつが勝ち進んで兄弟対決ってのも面白そうです。
ミルコvs美濃輪もある意味面白いかも?美濃輪の意外性が発揮されるか?順当にミルコが勝つか?どちらにしても興味をそそられます。
藤田vsトンプソンもいいですね〜!日本人でも有数の力を持ち唯一日本人でヒョードルを倒せると思われる藤田とアルティメット界では実績十分のトンプソンもどんな勝負になるか?

と全試合が注目です。なんか忘れているような気がしますが・・・。
予想なんかしちゃうと、
○アリスター − ファブリシオ
アリスターが強力な打撃で優位に。
 高坂 − ハント○
倒れないハントがこれまた強力な打撃で高坂を圧倒。
 バーネット − アレキサンダー○
人類最強のDNAで接戦を制する?
○藤田 − トンプソン
プロレス最強を発揮!猪木イズムをプライドで再現か?
○ミルコ − 美濃輪
ハイキック一線!?美濃輪のタックルを蹴りで一蹴!
○ノゲイラ − ズール
千の関節技でズールを翻弄!未知の関節技が炸裂?
○吉田 − 西島
日本人対決を制し人類最強への道をここから!ファンなんです。

いずれにしても目の離せない試合が連なります!


↓ランキングも目が離せない!?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 10:43 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

サッカー!vsエクアドル

Yahooニュース - サッカー日本代表 - エクアドル戦

ワールドカップの出場権を持つ南米エクアドルとの試合が行われた。
予選ではブラジルにも勝っているので手ごわいと思われたがベストメンバーでもなく時差のせいか動きも緩慢なところが目立っていた。対する日本はJリーグも始まっており海外組はいないものの国内組ではほぼベストの布陣で時差もなくいい状態で戦えたことだろう。
そんな状態で日本は前半こそ苦戦したものの後半に入ってからはエクアドルの精度の低いパスや注意力散漫なドリブルなどに助けられ一気に攻勢に転じた。
期待の玉田にゴールは生まれなかったもののいい動きを見せて相手にプレッシャーを与えていた。やや硬直状態のなか玉田に替わって入った佐藤が二度目の飛び出しで交代後早々に1点を挙げ勝利を決めた。
最近、売り出し中の佐藤選手はあまり知らないのだが、なかなかいい動きを見せていた。相手の裏を突くのがうまくマークを外して一瞬でゴール前に躍り出るところが武器なのだろう。相手が疲れている時にはもってこいの選手だ。

苦手の南米チームに勝ちワールドカップ前にいいシュミレーションになったかもしれない。
出来れば交代枠3人出来るのであれば3人使って欲しかった。勝ちにある程度こだわるのは当然だがせっかく召集した選手を見てみたいという気持ちはジーコにはないのだろうか?個人的には阿部とか茂庭とかが好きなのだが・・・。

今回の試合展開であればあと1、2点は取って欲しかった。最悪、点を取られても点を取るサッカーを見せて欲しいところだ。そういう試合をしないと得点力をUPすることは難しいのではないだろうか?
得点力不足は選手個人の力量もあるだろうがなんといっても経験がものをいうのだと自分は考えている。点を取った事実がなければ具体的にイメージするのは難しいだろう。弱いチームから得点を挙げるのではなく強いチームからでも点を獲る事が出来るという実感がなくてはいつまでたっても得点力不足は解消されないのではないだろうか?
大敗したとしても点を上げるサッカーを見せて欲しいと思うのは自分だけではないだろう。ただ今更この時期には無理なのだろうと思った次第でありんす(^。^)


↓とにかく勝て!!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 02:05 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(5) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

亀田、世界ランカーを撃退!?

たまたま、タイミング良く亀田興起選手の世界前哨戦を見ることが出来ました。
結果は・・・、
スポーツナビ | ニュース | 亀田興毅、KOで10連勝

えーっと、今回はちょっといただけないかな?っと思っているのは自分だけでしょうか?
ほかのラウンドでもありましたが、亀田選手のボディーはややローブロー気味だったのでは??最後のボディへのラッシュもきっかけはローブロー気味ではなかったかと・・・。

確かに相手の選手は大変試合運びが巧みで亀田の豪打はうまくいなされてジャブで距離をとりながらするりするりと舐めた感じのパンチを打ち込んでいました。
亀田の挑発にも挑発で返しなかなかの相手でしたね。
実際、あのままラウンドが進めば亀田が勝っていたことは7〜8割方間違えないでしょう。でも何かを狙っていたようにも見えましたのでそれも見たかったかな?なんて思いました。

あれはレフリーが途中で注意を入れるべきでしょう。せっかく亀田は強いのに疑惑の試合を作ってしまったのではないでしょうか?専門家から見たらローブローでは無いと言うのか??判りませんが実際テレビで見ていた限りでは怪しく映りました。
日本ボクシング界のホープを文句無く世界に送り出せるようにフェアーな試合を敢行してほしいものです。「疑わしきは罰せよ」という言葉もありますよ。

気持ちよく応援出来る試合にして欲しいですね。ファンだからこそそう思っています。必ず勝たなくてはいけないという使命を背負っているのも判ります。ただただ万人に認められる試合をば・・・。期待しています。

日本人だから受け入れられないのか?世界基準ではあり?


↓ゴルフのブログなのに・・・。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 22:44 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

金メダル

期待の女子フィギュアスケートで荒川静香選手が金メダルを奪取しました!
今日のニュースは全部これなんでいまさらなんか言うってのもないのですが、強烈なプレッシャーを跳ね除けて素晴らしい演技を見せてくれましたね!!
前半は押さえ気味で中盤から後半にかけてテンポの良い演技の流れからイナバウアーから3連続ジャンプを決めた瞬間金メダルを確信しましたね(^。^)
今回のフリー演技の構成は得点にこだわり過ぎずに荒川らしさが全面に出ていましたね。素晴らしい演技に感動を覚えました。
その後の村主選手はちょっと可哀想だったかも知れませんね、素晴らしい演技でしたが難易度不足の上に荒川のインパクトが強く点数が伸びなかったのではないでしょうか?
まあ世界の舞台まで行くレベルだと特に運も必要ですからね。今回はちょっと運が足りなかったのかもしれません。

なんにしても荒川選手は金メダルが取れて良かったですねー、おめでとう!!


↓ランキングは?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:35 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

トリノオリンピック開幕!って遅!!

え〜っと、忙しくしている間にトリノオリンピックが開幕していました(^.^;)
期待のスノーボード・ハーフパイプは男子は予選で全滅!女子は予選を3人通過しましたが、メダルには届かずに残念でしたね(-_-;)
スピードスケートも500mが一番期待されていたようですが、惜しくもメダルには手が届かなかったようです。
本当はじっくり見たいんですがねーなかなか暇がなくて見ていられません。
ハーフパイプはちょっと見ましたよ。
スノーボードはやったことがないので解りませんが結構怖いですね。今井メロ選手は腰椎捻挫?で病院送りになってしまいましたし兄の成田童夢選手も着地のショックで頭に振動がきたのか頭を抱えて痛そうでしたね。

あんなんで回転しながらハーフパイプ角に激突したら痛いだろうなー、と思って見ていました。
男子も女子も優勝した選手はすばらしいパフォーマンスで素人目にもすごいと思いましたがちょっとしたミスで大きく減点されてしまうのがちょっと戴けないですね。すごい技を出してミスするよりもちょっと抑えてミスをしないほうがいい点数なのは見ていて迫力に欠ける気がします。フィギュアスケートもそんな採点方式だったと思いますので安藤美姫選手の4回転もちょっと失敗したら大きく減点されてしまいそうで不安ですね。
もっと大技や大胆な新技が出るような採点方式にしたほうが見る側としては面白いと思うのですが如何なもんですかね??


↓ほかのブログでもトリノオリンピックが話題になっていますね!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:46 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする