2006年06月21日

ツアーバン

練習日にはクラブの調整などもします。
今回はアプローチウェッジの新しいクラブを試したりドライバーのシャフトの入射角を変えてみたりといろいろいじっていました。
新しいスプーンも試していましたが試合で使えるまでのレベルまで作り上げることは出来ませんでした。すしはクラブの注文がかなりうるさいでのクラフトマンの人達も大変でしょう。
腕の見せ所でもありますが半端な腕ではまず気に入らないで終わってしまいますね。
下巻きのテープの厚さが違うので握った感じが違うと嘆いていました。それも治していましたね。
ミズノのクラフトマンさんはスゴイようです。すしの仕様をしっかり把握していてシャフトの入れ方や長さを何も言っていないのにしっかり合わせて来たようです。
スプーンの注文を受けたロイヤルコレクションの人もすごいそうです。すしが言うのだから本物でしょう。すしの細かい注文に確実に答えてくるそうです。

実際に使えるクラブが出来るかは別ですが、注文どおりのものを仕上げてくるのはなかなか出来るものではありません。
構えた時のヘットの見え方とロフトの兼ね合い、ヘットの重量配分、バランスなどなどが思ったものにならなければ球を打つこともありません。
まず一発ですしが実際に球を打つレベルのクラブを作ってくるのはあまり見たことがありませんがロイヤルコレクションやミズノの人はそれを仕上げてきました。

クラブは当たり外れもありますからそれを見極める目とそれを引き当てる運も必要になります。同じメーカーの同じモデルでも一つずつ違いますからね。ヘットをチョイスする段階でつまずいてしまうのが殆んどでしょうね、それが出来るだけでもたいしたものです。
tit000.jpgtar000.jpg


↓ブログ選びはこちらで。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:25 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

2006よみうりオープン・練習日2

火曜日のラウンド後に練習グリーンで練習をしていると坂倉選手と坂倉選手のコーチの中井さんがいました。
自分は坂倉選手のショットしか見たことは無かったのですがパットを見るとちょっと自分の考えるパッティングとは違った方法を採用していました。
さらに中井先生は酷く出来の悪いパターを使っていました。打ち方はさらに目を覆うものでした。素人目に見てもちょっと・・・、と思われる打ち方をしていたのですしが見かねて簡単にレッスンをしていました。坂倉選手には自分が気がついたことをしゃべっていたのですが果たして?今回の試合に悪影響は無かった心配です。

水曜日のラウンド後にも練習グリーンでパット練習をしました。
そこでパター戦をしようという話になり新しく作ってもらった中尺のパターを自分が使いすしはセカンドパターを使用するということにしました。ルールは、ワンパット2アンダーでショートしたらボールを2クラブ戻す、オーバーしたらボールを1クラブ遠くに置く更にハンデですしが必ず先に打って後ろからラインを見ても良いという方法をとりました。これは東建でキャディーをやったときにも同様のルールで戦ったのですが6ホールくらいで7打差がついてしまったので早々に辞めてしまいました。
今回もいきなりすしは1パットでこっちは2パット、1パットで3パットといったペースであっと言う間に5打6打と差がついしまいました。そのまま続けて10ホールほどやった地点で17打差がつき時間的にも遅くなってきたのであと3ホールとの宣言がなされました。そこで自分はプッシュで勝負に出ました。(プッシュ=宣言した地点で負けていたほうが勝ったらチャラ、負けたら今までの負けが倍になります)
プッシュは残り3ホールすべてで適用することとしました。
1ホール目はすし1パット対2パットで負け!34打差
2ホール目もすし2パットだったものの短い下りのパットを外して負け!68打差
3ホール目に負けると136打差です。恐ろしい・・・。
ここでいままでやっていなかったカップに向かってのパッティング!しかも難しいんです。
それをすしは読みは良かったもののボール一個分くらいショートしました。そのラインはほぼ平らなもののカップのやや手前から右手前の方に下っています。ちょっと判りずらいですね。
要はカップ付近で直角に右に曲がります。それですしのパットは右手前に外れてしまったのです。
そこで自分は左に思い切って打っていきました。速いので距離感はまさに感で打ちました。打った瞬間いい感じかな?と思ったらすしが「ヤバい!」な〜んて言うからこりゃー来たかもと思ったら本当に入ったんです!
その一発で大逆転?目茶苦茶負けてたのにチャラになりました。
まあ安心安心(^。^)すしも別にそんなに勝つ気もなかったとは思いますがね。
でもこっちは悪い気はしないですよね〜。勝てはしませんでしたがかなりうれしかったです。すしも安心したことでしょう。


↓今週はどんなんでしょう?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 12:17 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

2006よみうりオープン・練習日1

当たり前ですが練習日には練習ラウンドをしました。火曜日にコース入りしてOUTの9ホールを回り、次の日にINの9ホールを回りました。
火曜日には東聡選手と一緒に回りました。さとしつながりで云々・・・、自分はよみうりカントリーを知らないのでどんなコースかな〜?なんて思っているとすしは「すごい平らなコースだから」との発言。自分は内心「こりゃーかなりアップダウンが激しいのだろう」と思って聞いていました。まあ歩いて見たら案の定、一つも平らなホールはありませんでした。なかなかハードなコースです。
水曜日は伊藤 涼太クンと一緒に回ることになりました。
前に見たころより良くない様子でした。ちょっとスウィングに悩んでいるのでしょうか?せっかくセンス抜群なのにもったいないですね。いまの状態では今回のドックレッグばかりでアップダウンの激しいコースでは厳しいでしょう。コース内にボールを置きにいくのがやっとだと思われます。
さてOUTのコースですがアップダウンは相変わらず激しくティーグラウンドには高低差が40mとか書いてあるし・・・、625ヤードのロングホールはセカンド地点から7Iでチョコンと打っても残り100ヤード地点まで行く程の直滑降があるようなコースです。
このコースを攻略するには体力的にもスウィング的にも安定した力が必要だと思われます。あとボギーは必ず出るコースなので比較的簡単なロングホールで確実にバーディーを稼いで長いミドルをパー5の計算で行った方がいいでしょう。ピンポジションによってはグリーンを外すと確実に寄らない方があるのでそれも要注意ですね。どこでも基本的には一緒でしょうが・・・。

ショットの精度を試されるコースです。
以前すしが今野選手と練習ラウンドしたときに強烈打ち下ろしのミドルホールでドライバー打てばグリーン近くまで行くのですがやや狭くちょっとドライバーで打つメリットが少ないホールがあります。大体の選手はアイアンで打つのですが、今野選手はドライバーで普通に打つそうです。ドライバーアキュラシーが高いんですね。JGTOの公表しているデータ上ではあまり精度が高くないように思えますが、あのデータはアイアンで打ったのも含まれますのでアイアンでフェアウェイキープを最優先に考えて打つ選手は比較的高くなります。今野選手などはドライバーは殆んど曲がりませんが他の選手がアイアンで打つようなところもドライバーで打つのでその分数字が悪くなるのかも知れませんね。

いろいろなデータが出ていますがデータだけでは図れない部分が多くあります。
ドライビングディスタンスも飛ぶけど曲がる選手などは計測ホールによってはアイアンで打つ場合もあります。ミドルホールなどで450ヤードくらいあっても打ち下ろしで左右どちらかOBでグリーンが逆サイドにある場合はアイアンで打ってもセカンドショットを6Tとか7Tで打てるなら無理にドライバーで打って危険を冒すよりアイアンやFWなどで打ったほうが安全ですからね。その分ドライバーで打つより当然、計測距離は落ちます。
フェアウェイキープ率も同様ですよね。アイアンで打てば高くなりますしあまりドライバーが曲がらない自信があれば狭くてバンバン打っていくことも考えられます。日本のコースは多少ラフに外してもOBまで行かなければピンを狙える場合が多いのでドライバーで打って近くまで持っていく事を優先すると必然的にキープ率は下がります。

信用できるデータは平均ストローク・平均パット・パーオン率・サンドセーブ率・リカバリー率などでしょうか?
平均ストロークはそのままスコアですし、平均パットもパーオンホールが対象になっているのでパットの上手さの指針になります。サンドセーブ率もバンカーから2打以内で上がることが基準になっていますからバンカーの上手さが純粋に計る事が出来ます。リカバリー率も同様にグリーンを外したホールでパーもしくはそれ以上良いスコアで上がる確立なのでアプローチの上手さが数値化されています。プレースタイルも多少関係してくるかもしれませんが・・・。

スコア一つには単に数字だけでなく内容があります。勿論プロならば数字がすべてなのですがその中でもやはり上手い下手というか仕方ないボギーや汚いパー、ミスしたバーディーなども有り得ます。
それらはどんな強い選手でも多少含まれてくるのですがやはり常に上位に来たり勝ちを重ねる選手は必然のスコアが多いですね。全体的にストレスの少ないゴルフをする選手が本当に上手くて勝てる選手ですね。

なんだか話が逸れて長くなりましたが、荒れた初日を何とか乗り切って良く4Rを全うしてトーナメントを終えましたね。
予選で一緒に回った高校三年生の宇佐美君が−9で6位タイに食い込みました。一気に注目の選手になるのでしょうか?頑張って欲しいもです。



↓長くなっちゃいました。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:58 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

2006よみうりオープン・二日目

初日の続きで6時半に18番のカラーから再開となりました。
そこはちょっとカラーがラインに掛かっていてイヤラシイところだったのですが上手く寄せてパーを拾いましたが続く一番ホールはセカンドをまともに打ち切れずアプローチも寄らずにボギーを打ってしまいました。2番は簡単なロングなのですがセカンドショットを寄せ難いところに持って行きましたが上手く寄せてバーディー、ここは二日目に当たる第二ラウンドもまったく同じようにバーディーを取りました。
内容的には初日、二日目とも同じようでした。二日目はグリーンが重くなってパターがまったく入りませんでした。ショットも最悪でしたしよく+2で上がったものだと思います。逆を言うとどちらかがちょっと良ければ爆発的なスコアが出るコースでしたね。
全体的にはいい感じなのですが今回はキャディーの力不足とすしの体調不良ですので近々いいゴルフをしてくれることでしょう。
今回が今年の最悪のゴルフだったのでは無いでしょうか?今後もここまで上手く行かないことはなかなか無いと思われます。
普通にゴルフが出来る状況であれば予選落ちすることはありえないレベルに来ているでしょう。
ゴルフの技術的にはこんなに予選落ちを重ねるようなゴルファーではないですね!
苦手だった野芝のラフからのアプローチも克服しつつありますし、ドライバーも本当に曲がらなくなってきました。

優勝が待ち遠しいですね。
ひとまず来週のミズノオープンは調子を整えて頑張って欲しいものです。

バタバタしていたので他の選手の状況は殆んど判りませんでしたがみんな上手いですねベストスコアは−7ですから、予選のカットラインは読みきれないですね。−1くらいになるかと思ったのですが思いのほかスコアが伸びていません。また二日目もサスペンデットになったので暫定順位になりますが、いまのままなら+3まで通過となります。+4まではさすがにならないでしょうが、+3までもなるとは思いませんでしたね〜。
風があると結構難しいですね、グリーンも急に遅くなったので感覚が出にくかったのかも知れません。

ちょっと眠すぎなので乱文になっていますが、後日談でもっと面白い情報を乗せますね!


↓ランキングで上位を狙え!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:03 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

2006よみうりオープン・初日

JGTO - マンダムルシードよみうりオープン - 一日目
スタートから雨振りでイヤーな感じのスタートでした。しかも10番からのスタートですしはこの10番が苦手なようです。距離が長く左ドックしています。しかも右のOBまでドライバーで打てば軽く届いてしまうんです。
ここはすし曰く「何があってもスプーン!風がアゲンストであろうが何であろうがスプーン」と言っていたのに雨でアゲンストの状況を前に他の選手が続々とドライバーで打ってスタートしていきます。心が揺れていました。でも何とか思い直したらしくスプーンで打って左のOBギリギリだったものの何とかコース内に留めました。そこから右手前にレイアップして寄せ切れずにボギーですがここは最初からボギーでもOKと思っていましたので仕方の無いところです。
ホールを重ねるごとに雨脚は強くなりボギーバーディーボギーと煮え切らないゴルフを重ねるなか18番を迎えました。
ティーグラウンドに来ると二組待ちで避難小屋で待機していました。
打順が三番目だったので2Iで打つかな〜なんて言って前の二人が打ち終わるのを待ってすしが、さて打とうとティーアップをしてコースを見ると霧でみるみる前が見えなくなってきました。
このまま続けるかの判断を競技委員を呼んで裁定を仰ごうとして連絡を入れると俄かに霧が晴れてきました。とりあえず打っておこうと打って歩いていくとまた霧がもくもくと立ち込めてきてセカンド地点に行ったころにはまた前が見えない!ちょっと待っているとやっと競技委員が到着して話をしようとするとまた霧が晴れてきました。
三打目も同様の事を繰り返し霧が晴れた瞬間急いで打ってグリーンに歩いていくとボールのところへ到着した地点でサイレンが鳴り中断決定!ちょっと遅いなーと思いつつもまあ中断と決まってラッキーかも?と。
そのまま、初日はサスペンデットとなり明日の朝6:30分から再開となりました。
二日目はワンハーフですが状況は良くなると思われますので良かったのかもしれません。
多分、予選カットは−1くらいでしょう。トップは7か8くらいまで行くでしょうか?
優勝予想スコアは−15くらいで決まるのではと考えています。


↓朝早っ!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:04 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(1) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006よみうりオープン

去年はこのコースで優勝が−18とはみんな上手いですね〜!今年は少し距離を延ばしているようですがグリーンが堅くて速く仕上がっています。ラフはあまり深くはありませんが結構、高低差が激しく風が吹けばボールのコントロールが難しそうです。練習ラウンドではあまり強い風はありませんでしたので判りませんがショートだけでなくミドルやロングホールのティーショットでもちょっとナーバスにならないといけない場面が出て来そうです。
優勝スコアは・・・、まだ初日が終わって見ないと判りませんが一日に3〜4つくらい伸ばせれば良いほうでしょうか?
初日は雨模様なのでもしかしたらグリーンが柔らかくなってしまうかも知れません。そうしたら16〜18アンダーまでいくかも知れませんね。

今回のすしは、クラブを調整してイマイチ苦手だったところをカバーしています。あい変わらずパターは好調ですしグリーンもきれいに仕上がっているので好スコアを期待できるかも知れません。
あとは自分のキャディー次第?足を引っ張らないようにしたいですね。

susicuttingmo.jpg
↑すしのニューヘアですが、せっかくですので会場に来てご覧ください。ご要望があれば本人に確認後モザイク無しで公開します。


↓出来るだけ毎日更新しますね!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:04 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

日本プロゴルフ選手権・予選結果

遅くなりましたが、予選結果を考察・報告します。
初日は結果から言うと6オーバーで128位タイといういきなり終わっているスコアでした。予想カットラインは天気の感じから言うと−1くらいの予想でしたのでかなりへこみました。こんなんだと二日目に65くらいで回らないといけないからです。
で内容はというと、
上を狙うのであれば比較的簡単なOUTでスコアを稼ぎたかったのですが、ショットがイマイチ決まらず1ボギー1バーディーというフラストレーションの溜まるパープレーでした。
いきなりINの10番で事件は起きたのです。ティーショットはやや左のラフへでも残りの距離がピンまで250y程だったでツーオン狙い、ラフでやや前下がりだが今回の特別ルールでボールを拭いてリプレースできたのでライはあまり気になりません。ピンは右奥だったのでグリーンセンター狙いで左OK最悪奥のバンカーでも良いだろうと話していたのですが打つ段になって本人曰く、「低い球で・・・云々」と、あまり深く突っ込まなかったのですが距離的にフォローに乗ると大きいだろうということで距離を調整するためにそんなイメージだったのでしょう。前下がりだったのに・・・。
案の定結果は右へ〜、崖を落ちていってしまいました。まさかそんなところへ打つとは思っていませんでしたのでノーチェクでした。OBでは無い位の認識しかなく降りてみると18番のティーグラウンドと17番のグリーンの間の側溝にあるよ〜とギャラリーの方が教えてくれました。行ってみるとボールが無い他のギャラリーの人が持って行ってしまったのです。でもその現場を見ていた人が持っていった人を捕まえて来てボールを元の位置に戻してくれました。ここの経緯は自分は上に上がってしまっていたのではっきりとは判りませんでしたが競技委員を呼んで側溝から出してドロップという普通の処理で済ましたようです。
さてそのポジションは20yほど打ち上げで上りきったところからグリーンまで30yくらいでした。
jyoukyou001.png
絵のA地点からB地点にドロップして打ち上げましたがC地点に行きました。そこから寄らずにワンピンくらいから2パットでボギーここでちょっと気が動転してしまいました。
続く比較的稼ぎ所の11番でも危なっかしくパー、12番でも同様で13番でついにやってしまいまいした。エッジからピンまでが10yでグリーン手前は池です。カラーから手前は池に向かって急傾斜でカラーに強いスピンで落としたら池まで行ってしまう状況でした。何を思ったか練習日では手前で8Iと確認していたのに風が微妙にフォローに感じられて9Iで打ってしまいました。実際はほぼ無風かむしろ打つ瞬間にはアゲンストだったかもしれません。
ボールは虚しくもカラーのやや手前に落ちてバックスピンで池へ・・・、池の手前にドロップして難しいアプローチです。距離もろくに歩測せずに感で打ってピンの10y近く奥へ打ってしまいました。そこから1mくらいに寄せたものの外して3パットのトリプルボギーとしてしまいました。
その後は打ち下ろしてはいるものの242yもあり難しいショートであるの16番でバーディーを取りましたがすぐボギー、最終18番ホールではティーショットはそんなに悪くなかったもののセカンドが200y超も残ってしまい2Iで気の落ちして打ったら引っ掛けて左の池へこれまた厳しいところにドロップして寄らず入らずでダブルボギーと最悪の上がりとなってしまいました。
このスコアでは予選を通過するのは困難と夜は落ち込み気味の夕飯を取って次の日に向けて早々に不貞寝しました。

二日目はやや開き直り気味で前日トラブった10番からスタートです。リベンジということで絶対パーブレイクしてやる!と望みました。セカンドに行くと前の組のカツオプロが前日、右の崖に落ちている模様です。ちょっと待ってセカンドは届かないので手前狙い、さすがに右にはバットイメージがあるので引っ掛けてバンカー越えのアプローチが残ってしまいました。ピンはやや手前の左ですこーし困難に思えたアプローチですが、まあまあ上手く寄せてバーディー!続く11番も難なくバーディーを取り調子に乗ってきました。全部バーディーを取って予選通過だ!なーんて言っていたのですがそこからはちょっと伸び悩み15番のロングでティーショットは上手く打って残り260yくらいで2オンが狙える位置に、そこからスプーンでフルショット!それが引っ掛かってしまい左へOBぎりぎりの木の下へ降るのは問題無いもののピンポジションはバンカーを越えてすぐ4yのところでライは左足下がりという厳しい状況、この日もプリファードライが採用されていたためリプレース出来たのですがそれが上手く置き過ぎで球が浮いた感じになってしまいました。ちょっと不安がよぎったのですがその不安が的中してしまい下をくぐってバンカーへ・・・。これまたグリーンエッジまで15yくらいでエッジからピンまで距離が無い上に左足下がりという最悪の状況。やはり寄らず入らずにボギーになってしまい結果的にはこれが響いた形になってしまいました。まあ初日に打ちすぎなんですけどね(~_~;)
でも難易度の高い18番でバーディーを取ったのでプラスマイナス0でしょうか?実際、わかりませんからね〜。
後半のOUTでは、パーを重ねて4番のショートで風を読みきれず二段グリーンの奥に切ってあるピンに対して手前に乗せてしまい3パット。
5番から6,7番と3連続バーディーを取って7番を終えたところで「バーディー、イーグルなら予選通過もあるんじゃない?」とすしが言ったのでやばいかな〜と、まあ自分も考えてたんですがただ通過ラインは0でも行くかな?と思っていました。すしは−1で無いと通過しないと考えていたんですよね、そこで計算し出すと危険かな?なんて思っていました。問題の8番のティーショットはまあまあ5〜6mにオンしてなんとか入れればと思いましたが、惜しくも外して?外れて?(スネークラインでした)
まだ自分は、9番ロングがイーグルなら行けるかも?と思いましたが、ちょっと長くて届かないんですよね〜。案の定、ティーショットはナイスショットだったのですが残り280yくらい残ってしまいました。右が池なので無理して池に入れても拙いし左のバンカーもピンが奥なので難しい状況です。
仕方なくグリーン左手前のバンカーならば届かないだろうとやや左狙いで打ったものくだんのバンカー手前ギリギリまで行ってしまいちょっとビビリました。アプローチはあまり寄り切らなかったものの入れてバーディーでフィニッシュ!
同組の波当根選手は、セカンドをしっかり刻んで打ちやすい距離から確実にバーディーを狙いに行きましたがワンピンちょいのパットを惜しくも外してパーこの地点で±0で本人はかなり悔しかったでしょう。普通に考えれば通過ラインは−1と思われる展開でしたからでも何とか通過しましたね。

すしはトータル+1でまあ確実に不通過です。がっかりしたもののショットも目鼻が付いてきてパットは最近ずっと良いので今後は期待できると思います。
二日目のラウンド後も練習をしてショットを調整・確認していました。
susiusirokara0512.jpg
今週は現在の地元である岡山の試合です。家族も応援に来るのでしょうから頑張って欲しいものです。ただ子供に気を取られてプレーがおろそかになる危険が・・・。まあ自分がキャディーでなければ活躍できるでしょう!セガサミーあたりの北海道シリーズで優勝の目が出てくるかもしれません。名キャディーの西郷ちゃんがキャディーですからね!
ball0512004.jpg
左下から富山聡プロ(SRIXONのZ-UR★C)右下がすし石垣プロ(TitleistのPRO V1x-332)中央上が塚田好宣プロ(TitleistのPRO V1x-332)です。



↓キャディーがよければもうちょっと上へ?
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:03 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

日本プロ選手権・水

月曜日は晴れていましたが火曜日からずっと雨で足元はグチャグチャです。ボールは転がりません!埋まります(+_+)
でもグリーンは堅くなってきています。速さも出ています。更に芝目があるのかも??
もしかしたら結構スコアが出ないかもしれません。実際、グリーンを堅くするだけで全然違うんですよね〜。んでちょこっとラフを深くしてフェアウェイもちょこっと狭くしたりすればすぐスコアが出ないようになります。
でもそんなんで難しくすると日本人は不利ですね。勝つのは外人さんばっかりになってしまうでしょう。でもそんな状況下でトーナメントをずっとやっていれば日本人も慣れてきて強くなると思うんですが?世界に通用する選手を日本ツアーから輩出するならば必要だと思います。

話を戻して今回の大会は、この様子だと予選±0の優勝ラインが−12までいかないくらいになるかもしれません。すし予想は予選カット±0の優勝−14だそうです。また外人さんが勝っちゃうんじゃーないですかね〜。
出来ればすしが優勝と行きたい所ですが、調整段階では大きなことは言えませんね。
でも彼は良くも悪くも本番になると全然変わるのでわかりません。パターはあいかわらず良いですね!とりあえず入ると思われます。

初日は四日間、戦えるスコアだといいんですがあまりスタートが良くない方なので不安です。
なんて思っていたら爆発するかも?と変な期待もあります。簡単なところで変にスコアを落とさなければOKです。
まあ、頑張って担ぐんですしの応援よろしくお願いします!


↓ブログの応援もよろしく!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:32 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

日本プロ選手権・月火

今週の木曜日からJPGAの主催で今年第一弾の日本メジャーである日本プロゴルフ選手権が岐阜県の岐阜谷汲カントリークラブで行われます。

大体、日本プロは毎回難しいセッティングでなかなかスコアが出ないようなのが多いのですが、今回のコースはラフも特定のホールのグリーン周り以外は短くて拍子抜けです。グリーンはまだ結構柔らかいのですがスピードはあるのでピンポジションやボールの置く位置によっては難しいところもありそうです。

ぶっちゃけ、このコースってたぶんアマチュアには難しくてプロには簡単てコースなんですよね〜。
長いところも狭いところもあるしグリーンも傾斜が判り難い所があるから一概には言いづらいのですが結構スコアが出そうなんですよ。予選のラインは−3くらいかな?優勝スコアは天候が崩れなければ−16くらいは行きそうな雰囲気です。
これからグリーンを堅くすれば予選が±0くらいで優勝ラインが−8くらいになりそうな感じはあります。

まあまだ練習ラウンドしか回ってないのでわかりませんね!風が出れば癖のあるコースだとは思いますがピンポジション次第ですかね?スコアを計算できるコースかな〜なんて!?

天気予報がずっと雨なのでちょっといやですが仕方ないですね。少しでも雨の降っていない時にラウンドして欲しいところです。
ただでさえ自分は仕事が遅いのにやることが増えて追いつかないんですよね〜。


↓ブログでも上位に!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 20:21 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

東建キャディー後日談

東建キャディー後日談
いや〜、久しぶりにプロのバックをしかもレギュラーツアーで担ぐとダメですね〜(>_<)
もともと、動きの良い方ではありませんが今回はさらに酷かったですね。すしがやってくれと言うことは出来ていないし何処に立っていればいいかわからなくなるし、距離や風なんて全然考える余裕も無い!
グリーンなんてもってのほかで必死に見てもラインが見えてこない(T_T)
やっぱりゴルフから離れているとダメですね、ゴルフに関する情報収集能力がまったく無くなっているようです。
研修生時代からそれの能力は高い方では無いとは思っていましたが今では殆んど初心者並かも?と思ってしまいます。
今回の一週間でちょっとは回復したと思われますが、次は5月11日からの日本プロゴルフ選手権もキャディーを頼まれているのでちょっとこのままでは不安が残ります。

体力的には今回の依頼を受けてから二週間ちょっとほぼ毎日10kmほど歩いて調整したのであまり問題は無かったのですが、あとは動きとゴルフ思考ですね。
ゴルフ思考はとてもすし石垣プロの助けになるレベルに引き上げるのは無理なので邪魔にならない程度を目標として動きをどうにかしないとダメですね。今週のつるやでも見に行ってプロキャディーの動きを勉強してこようかと考えています。再来週のクラウンズも見に行ってこようかな?っていうかクラウンズは絶対に見に行きます!!

以前はもうちょっと動けたしプロの言うことも理解できたのですがちょっとレベルの開きが大きくなりすぎましたね。
もともとゴルフ思考能力に大きな差がありましたが、なんとなく判る部分もあり紙一重でついていくことが出来ていたと勝手に思い込んでいましたが今回は徹底的に開きがあると実感してしまいました。
まあ、自分のレベルが大きく落ち込んだのも問題なんですがね(-_-;)
そりゃ〜、一般人とプロでしかも世界中で活躍している人なのです。思考力の差は歴然でしょうね!
そんなに大きな期待もされてはいないでしょうが、結構〜いや!かなり滅茶苦茶くやしいですね。自分としては普通のハウスキャディーや研修生よりは役に立てるのでは無いだろうか?と思いましたが今回は多分かなり足をひっぱったことでしょう。

日本プロまでは一ヶ月ありますのであまり長くもありませんが少しでもレベルを上げられるように努力してみます。
次回は期待して貰えるだけの仕事を目標に頑張ります!!

まだちょこっと続けます。
今回は自分にとっては素晴らしく勉強させていただきました。それはゴルフだけではなく人生について?などいろいろな面で考えさせて貰えましたし再確認させて貰ったりと久しぶりに密度の濃い一週間を送ることが出来て石垣プロにはこの上なく感謝しています。どのような形でも恩返しが出来ればいいな〜と考えています。このブログもいくらか役に立ってたりすればいいなーと思ってもいます。
titcap001.jpg

PS 塚田好宣プロにお願いしてプロのブログをリンクさせて頂きました。Golf Traveler! by Yoshinobu Tsukadaです。
忙しいのに大変精力的に作られたブログになっています。
チョー、お勧めです!!

あ〜っと、見に来てくれた人がいればコメント頂けるとうれしいです!別に見に来ていなくてもどんどんコメント下さい!必ずお返事させていただきます。クレームでもOKですよ〜(^o^)/


↓ブログのレベルも最近落ちていたから上げて行きます!!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:30 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

東建ホームメイトカップ最終日

上の方が思ったよりも延びていないので最終日にスコアを伸ばせば上位にいけると思っていたのですが(-_-;)
結局、12アンダーで30位でした。
上がり3ホールをバーディーとしたので、まあ良しとするか?すしは良しとしないだろうけどね。
最終日も出だしから右にすっ飛ばして1ペナ?と思われるところから乗らず(木がスタイミーになっていたから仕方ないが)寄らずでボギー、ロングは確実に取ってぼちぼちバーディーを重ねて前半は2アンダーで後半で一気にと思った矢先にボギーで意気消沈気味・・・、バーディーボギーでスコアが伸びず16番セカンドが寄ったところですし曰く「ここから全部バーディーだ!」と17番はロングホールだが問題無く2打で届くのでうちらの話ではパー4と同様の扱いだ。イコール17番は3打でバーディー、4打ではパーになってしまう。そのことを踏まえると感覚的にはバーディー・パー・バーディーなのだが実際はすべてバーディーとなった。
圧巻は18番だった、ここは短いもののピンの位置関係上ティーショットを左に置いておきたいラフでもそっちの方が良いだろう。しかし今のすしのスイングでは左に打つのは危険性が高い(左に出てフックしてしまう可能性が捨て切れない)
そのためスプーンで打ったのだが結局右に打ってしまった。残りはピンまで70yで実際に落としどころは普通に打ったら直径1ヤード程度の円も無いかもしれない、カラー(2〜30センチ幅)に落とすか強烈にスピンを掛けてピンの手前から真横に落とすしかない。手前過ぎたら戻ってグリーンを出てしまうのでピン真横が良いだろう。
打つ前から二日目の最後のバンカーと同様の集中があったので成功する予感がした。打った瞬間、『すげー、完璧かも!?』と見事グリーンオンだ!もう歩いてる間から『コリャー、バーディー確実だ!』と思いつつすしを見ると満足気な表情にワンパットを確信した。

今回のすしを勝手に総括するとショットはまだ問題があるが、パットがいい!抜群にいい!!ストロークは完璧だろう。ファーストパットを狙いに行ってセカンドパットがワンピンほどあってもまったく外れる気がしない。ラインさえイメージ通りならば間違えなく入るだろう転がりも良いので多少グリーンが荒れているところでも真直ぐ狙えるのだ微妙に切れるショートパットも真直ぐ強気に打つことが出来る。見ていてドキドキするくらい強く打つのであまり直視したくないくらいだった。
ショットも今すぐは問題アリだが確実に良くなって来ている、試合中にスイングを変えないで欲しいものだ(^。^;
下手をしたら次週のつるやで結果を出してしまうかも知れないのが彼の恐ろしい所だがコースが狭いので難しいかもしれない。本来コース自体は得意な方なのかと思われるがスイング練習中でも同様の感覚で攻められるのかが問題だ!
もしショットがそこそこ行けば上位に食い込むことも不思議ではないだろう。前半戦で優勝争いくらいはしてくれるだろうと密かに期待している。それくらいのポテンシャルがあるのはもちろん、条件も整ってきているので応援しがいがあると思いますよ(^。^)/
backshot001.jpg
↑すし練習場ショット改↑


↓つぎは日本プロです。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 13:34 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

東建ホームメイトカップ二日目・三日目

二日目終了後は疲れて寝てしまったので二日分まとめて書きましょう。
予選の二日目は初日に予定よりもかなり悪かったのでひとまず予選通過が目標になってしまいました。
初日の予想だと6アンダーは必要だと言う事で少なくとも二日目は68か優勝争いに手を掛けるにはせめて65くらいは出しておかないと厳しい状況です。
そんな思いの中で前半のハーフは、2バーディー2ボギーでパープレーなんかで終わった日には「コリャー、やばい予選通過すら厳しいのでは(-_-;)」と心の中で思っておりました。
さらに後半ハーフになっても4ホール目までパープレーでさすがに終わったかな?と思っちゃいましたが、すし本人もそんな雰囲気でしたが5番6番7番と3連続バーディーで「おっ?」と思い8番のショートで「ここを取れれば楽だなー」なんて思っていたら右にドカーンと打ってしまい厳しい状況に寄せもあまり寄らず「ここでボギーだったら終わりだなー」な〜んて考えていたらナイスパットでパーをセーブして最終ホールに望みを繋ぎました。
普通に行けば二つで届くロングホールなので油断していたら二打目をバンカーに外して左足下がりの厳しいライからいままでになく集中して打って球はその状況では最高のバンカーショットでうまく寄せてそれをしっかり決めてトータル6アンダーで上がり途中で予想していたラインに何とか届きホッと一安心でした。
でもスタート時間がトップから二組目で上がるのが早かったためスコアが動くたびにドキドキしていました。
練習場で4時間ほど球を打って結果を確認して安心しました。
ただ練習場で新しいスイングの動きを取り入れたので三日目に不安が多少残っての二日目は終了しました。

さて三日目ですが、海外のツアーなどですしと旧知の塚田好宣プロと同じ組で回ることとなりました。
塚田プロは自分も前から好きなプロの一人ですがすしと仲がいいのは知らなかったのでうれしかったです(*^。^*)

塚田選手との本年初対決の舞台に立ち合えたのはうれしかったのですが迷惑を掛けたのではないかとちょっとへこんでいます。もう少しすしを気分良くプレーできるようにキャディーをしていればいい対決になったかも知れないと思いました。

いきなり出だしでありえないところにティーショットを飛ばしてしまいセカンドをグリーン手前まで持っていくのがやっとでボギースタートと最悪の発進から始まった三日目は何とか前半のスコアーは1アンダーとインでは三日間で一番いいスコアではありましたが内容的には悪くないのにスコアが伸びないという苦しい状況で後半のアウトで出だしバーディーと塚田選手と仲良くスコアを伸ばしていくかと思われましたが塚田選手が3番で右往左往してボギーを打ってしまいここですしが勝ちきれるかと・・・、ところが塚田選手は気合がのって次のホールからバーディー・バーディー・パー・バーディー・パー・バーディーと上がってみれば後半4アンダーでトゥデイトータル5アンダー、トータル11アンダーで順調にスコアを伸ばしました。
対するすしは入りそうなバーディーパットが外れてしまい何とかパーを拾いつつも8番ではやや力尽き気味にボギー、何とか最終の9番のロングを右サイド空中に木が邪魔になるところからワンピンほどの位置につけてパットを捻じ込みバーディーを取りました。トゥデイ2アンダー、トータル8アンダーと塚田選手に負けてしまいました。スコアも伸ばしきれずイマイチ期待感の薄い最終日になってしまいました。
なんとか最終日はすこしでも上位に食い込めるように邪魔しないで担ぎたいですね(^。^)
susiclub20060416.JPG
↑すし使用クラブ↑

最終日終わったらまた頑張って更新しますよ!今日の乱文はご勘弁を!!


↓ランクをUPさせてやって下さい。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:33 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

東建コーポレーション初日

ついに始まりました!
まったく持って予想通りの展開でトップは10アンダーまで行ってしまいました。
明日は50台で回る人が出てくるんではないだろうか?と思っています。
予選カットはこのまま行けば本当に6アンダーくらいになってしまいそうです。
すしはゴルフが噛み合わず短いパットも外しまくるしショットもどこに行くかわからない状況で結局2アンダーと大変厳しい初日となってしまいました。
短いパットを確実に決められるように明日はパターを変える予定です。


↓眠い・・・。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:49 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年ジャパンツアー開幕!

クオリファイはすったもんだをして先日やっと終わりましたが、今度は2006年の初戦となる東建ホームメイトカップが4月13日から岐阜の東建塩河カントリー倶楽部で始まります。

今回はちょこっとキャディーなんかやっちゃうものでそのお話を書いてみましょう。

すし石垣選手のキャディーをするわけですが今回は珍しく月曜日からコースに乗り込んで練習ラウンドと練習をしっかりして開幕を迎える形になりましたが・・・、とりあえず練習ラウンドは初日からハーフを回りましたが特に際立ってチェックするところはありませんでした。
練習をしよう!と練習場に行ったら一応、芝の上から打つことが出来るのですがかなりの左足下がりで下手になるのではないかと思われるような練習場の状況でした。
さらに二日目も前日回っていないハーフを回りましたがこれも・・・。
三日目は初日と同様のコースを回ってコース練習、パターを試打してからパター練習をして実打練習にいったらジャンボさんがいてカメラマンが一杯、ギャラリーも練習日にしては思ったよりもたくさんいました。
そこの練習場も使っていないコースを使用して急造練習場なので仕方ないのですが平らなのは真ん中の3〜4ヤード程度で右サイドは左足下がりの前下がりで左サイドは左足上がりの前上がりという厳しい環境でした。
コースが簡単なので練習場を難しくして選手の調子を落とそうとしているのかも知れませんね!

多分、驚異的な優勝スコアが出ることでしょう。
予選のカットラインもかなり高くなるはずです。自分はよくわかりませんが予選のカットラインは4アンダーくらいでしょうか?優勝は少なくとも20アンダー以上でしょうね!
すし曰く、予選カットは6アンダー 優勝は27アンダーという予想となっています。
下手をしたら57とかのスコアが出るのではないかと思われております。

ちょっとでも乗り遅れたら軽く戦線離脱となってしまうでしょう。乗り遅れないように確実にスコアを伸ばしていかないといけませんね。
susiboll001.jpg
↑すし練習時使用ボール↑


↓また書きますのでブログランキングにご協力お願いします。
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:20 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | トーナメントキャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする