2009年10月11日

一人づつの天才

今週の日本ツアーは石川遼選手がプレジデントカップに選出されて出場しているため池田勇太選手の独壇場となってしまいました。
台風で中止になった初日が良い休養になったのか仕切り直しの一日目から爆発して64の−8で単独トップ!このまま一気に突き放すのかと思った二日目はトーナメントを盛り上げるためなのか静かにパープレーで遅れをとってトップに2打差の3位タイとしました。まあ最終日は伸ばして優勝争いを繰り広げるだろうと思いきや、前半ハーフで30の−6と一気にトップに躍り出て後半も2つ伸ばして優勝争いから抜け出して別世界へと突き抜けました。

これで賞金王争いで石川遼選手に200万弱と迫ってきました。ますます賞金王レースが楽しみですね。

かたや石川遼選手は初日こそタイガー・ウッズ/スティーブ・ストリッカー組に大敗を喫したものの2ラウンド3ラウンド目は同じアジアの雄であるY・E・ヤンと組んで勝ち星をもぎ取りました。
世界のトップクラスとも引けをとることも無く対等に渡り合っています。たいした18歳ですね〜。彼ならこの世界トップレベルとの争いでまた一つレベルアップして帰って来ることでしょう。

誰だかも言っていましたが「末恐ろしいというよりも既に恐ろしい」ですね。まだまだ底が見えないところが更に恐ろしいです。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 21:30 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130052628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック