2009年07月15日

日米スター揃い踏み

世界のメジャーも日本のヤングスターにおんぶにだっこってところでしょうか?やや不調気味で客を呼ぶのに多少の不安があるウッズに石川遼をマッチメイクして日米の客を引き寄せようとの商魂逞しさには頭が下がります。
古風な考えとしては石川遼選手が予選通過して優勝争いをするなか、トップを走るウッズと同じ組で回ってチャンチャンってのが理想だと思いますが反面、1980年の全米オープンで四日間死闘を繰り広げたニクラスと青木の再現を思い浮かべたりもします。

全英オープンはメジャーで一番好きな大会ですので毎回興味を持ってみているのですが今回は難攻不落のターンベリーですからね。見ごたえ十分だと思います。15年ぶりの開催地ではありますがマンガの「風の大地」でも舞台になっているのでゴルフ好きの人には馴染みがあると思います。

また石川遼選手が大きく成長するチャンスを与えられたので更に末恐ろしい次第です。

おっと忘れてはいけない池田勇太選手もビジェガス、オヘアと有力所とのペアリングになっています。彼も大変楽しみですね。技も豊富ですしどこへ行っても変わらないプレースタイルは大物の風格十分です。攻撃力は世界のトップにも引けをとらないものがあると思います。全英ではちょっと難しいかな〜と思うところもありますが相性云々は抜きにして応援して行きたいですね。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 00:40 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック