2009年12月29日

今更タイガー

シーズンオフということもあるせいか最近めっきり噂を聞かなくなったタイガーウッズですが、個人的に言わせて貰えればそんなに驚くほどのことも無いな〜って感じですね。
昔から「英雄、色を好む」と言われる様に男にせよ、女にせよ、英雄と呼ばれるような部類の人はソッチの方は超人的に盛んのではないかと昔から思っています。
特にスポーツ選手などは体力勝負です。プレーに向ける体力プラスαがあるくらいじゃーないと活躍することは難しいでしょう。また体力だけではなく精神面でも、貪欲な上昇志向とか新しいものを開発していく開拓心とか、好奇心とかが人並み外れて強くなくては常人の及ばない領域には突入することは出来ないでしょう。
性に対する興味や行動力などもそれに比例するのではないでしょうか?本能の一つですからね。本能が強く発揮されるのも英雄には大事な要素の一つでしょう。
海外の学者の描いた本でトップアスリート、プロスポーツ選手などは性欲が強く性犯罪者と紙一重というか本能がむき出しになるのは避けがたいといったようなのを見たことがあります。まあその本に関してはやや懐疑的な部分もあるんですが、トップアスリート、プロスポーツ選手そのような素養があるのは間違えないでしょう。

今回の騒ぎもその行為自体の問題よりも夫婦関係やウッズの逃げる様がつつかれている原因でしょう。交通事故を起こした原因がそれだということが面白おかしく騒がれてしまったのではないでしょうか?

聖人君子全とした今までのウッズのイメージと乖離している点もやや批判的な視線を向けられる原因のひとつだと思いますが、もてない人のやっかみも有るのではないかと勘ぐってしまいます。まあ正直モテナイ自分もうらやましいというかけしからんと思う気持ちも多少あります。そこまで頑張れる気も能力も無いんですけどね(^_^;)

なんにしても早々にほとぼりが醒めてウッズのゴルフに悪影響が出ずに更なる高みのプレーを見せて欲しい所です。
一応、頭丸めるとかそれなりに謝罪みたいのパフォーマンスが必要になるでしょうね。

もうちょっと上手くやれなかったもんかね?



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 23:59 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

MVP

日本男子ゴルフ界も最終戦を終えて賞金王には今後誰も抜くことが出来ないのではないかと思われる最年少記録を石川遼選手が打ち立てました。
各部門別ランクも03年の伊沢利光の8部門を上回る史上最多の9部門を制覇しました。

まあ、実際に数字に出た部門は良いとして少々?大変?疑問が残るMVPを含めているところがなんとも言えませんね。
意図的に9冠になるようにしくまれたとしか考えられません。
先のK‐1しかりボクシングしかり判定が規定通りにはならずにその場で急遽ルール変更してしまうのは如何なものでしょうか?

会長の一声でルール変更!特例でOK!って特にスポーツではナシでしょ???
ジャイアンじゃないんだからさ(-_-;)いい加減にせーよ!
ファンや選手をなめるのもいい加減にしろ!

こんなんでミソのつく石川も目の前で横取りされた池田もどちらもかわいそうでしょ?まあ本人達はそんなに思い入れも無いんでしょうけどね。でも池田からしてみれば賞金の100万円は惜しいでしょうね。

いくら現制度の採点方式がおかしいって言っても決まっていることでしょ?あんたらが決めて施行していることでしょ?ちゃんと手順を踏んでからでないとね。
ルールやマナーを守りましょ〜って言ってるJGTOが、ルールを守らないんじゃー、ギャラリーのマナーを云々言う資格は無いでしょ?言う資格があってもらわないと困るんだからさー。
本当にガッカリです。
力のある選手はさっさと世界に出て行った方がいいでしょうね。
石川、池田の両選手なら世界でも活躍出来るでしょう。ウッズもあんなんだし日本代表としてUSPGAでどこまで行けるか?勿論、優勝争いをして活躍する所が見てみたいものです。

いつまでも現JGTOにツアーを任せているようでは日本プロゴルフ界も先は無いでしょうね。
純粋にスポーツファンとして思います。
別に石川遼選手が9冠とって悪いってことではないんですよ。個人的には池田勇太寄りではありますけどね。今回の件に関してはJGTOの対応に著しく憤りを感じます。



↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 22:10 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする