2009年01月15日

球を低く・補足

色々試した所、安定した低い球がなかなか打てません。最近、心の中で勝手に師匠と仰いでいる人に聞いたところインパクトの軌道を低くするだけだということです。
確かにそうですね。上から打てば高く、横から打てば低くというのは物理的に考えても体の動きから見てもそれが自然ですね。


↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 20:21 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

球を低く

自分はゴルフを始めた当初から球が上がらないで悩んだことは一度も無いのですが、それが逆に低い球が打てないことが長年の悩みでした。
ところが最近練習もろくにしていないのにイメージだけでスイング改造をして低い球が打てるようになってきました。
年末にゴルフに行ったのですがその日は大荒れで雪が舞い、瞬間最大風速20mくらい有ったのではないかと思われるほどの荒天でのプレーを強いられました。
ちょうど低い球を打てるのではないか?と思い練習場で実践しておいたのが役に立ちました。主にドライバーで低い球を打ったのですがちょっと左に飛びましたがまあ怪我をしない程度の角度でしたのでもうちょっと練習しておけば使えそうです。

最近、スウィングを修復していると12月20日のブログにも書いたのですがそれの副産物として低い球を打つことが出来るようになったのです。今までは身体能力と練習量でボールを打っていたのが基本的なスウィングを構築することによって球筋のコントロールが簡単になったのではないかと思われます。

簡単に低い球を打つときの技術的な注意点を上げると
・インパクトをハンドファーストで迎える。(ドライバーでも)
・前傾姿勢をなるべくキープする。
・膝もフォローまで曲げたままにする。
・両足が踏ん張った状態でインパクト
・フォローで右手が上になる。
・バックスウィングでもフォロースウィングでもクラブが立つようにする。
・肩のラインを地面と水平にする。

まあ考えてみると普通に基本的なスウィングですね。球を低く抑えるためにハンドファーストでボールを捕らえることを意識するだけですね。あとインパクトの時に幾分左肩が低くなるイメージも持つといいですね。右手・右肩を高くするイメージでもいいかもしれません。これは今後の練習課題ですね。まあ練習といってもボールは打ちませんが・・・。殆どシャドースウィングでボールは10球くらい打てば十分かな〜とか思っています。


↓人気ランキングに参加中!クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by taiga_k2 at 01:02 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする